So-net無料ブログ作成
家庭菜園 ブログトップ
前の10件 | -

キャベツ [家庭菜園]

5月14日、当地の天気予報は15:00から雨でした。
なので朝7時に菜園へ行った時は、すでに夏野菜用のほとんどの作業を終えているし、見回り程度の軽作業としました。
昨初冬、2株植えたキャベツを確認してみると、結球することなく花が開き始めていました。
残念ながら抜いて、ミニトーガンの転用カ所としての準備を行いました。

P1120780 (2).jpg

昨秋からの野菜はとても安くて、時々精魂込めて作っていることがバカらしく思うこともありました。しかし、収穫するとやっぱりスーパーでの購入品とは違う甘さがあるので納得しています。
昨秋から菜園の問題で色々あった詳細を再現することは省略しますが、今から思うとこのキャベツも犠牲になったようなものです。
今朝は、この1枚を撮った後、突然の雨でそのまま止むことがありませんでした。

で、昨日撮った写真を2枚貼り付けるしかありません。
夏野菜の準備を完了した私の区画全景です。
P1120779 (2).jpg

後ろに写っている他区画と比較すれば、自分ながらよくやっていると思います。
白い建物が、昨秋こじらせた菜園問題の原因ではないかと今でも疑っています。

キュウリもすでに成り始めていますが、今朝は先端に黄色い花を咲かせていました。
P1120776 (3).jpg

夕方には、雨も止んだようなので明日からはまた野菜や鉢物に精を出したいと思っています。

3大関が破れて波乱の幕開け、何か各力士の実力が拮抗している様子で、優勝者の予想をすることを難しく感じます。

nice!(59)  コメント(12) 

トマトの定植 [家庭菜園]

4月23日、昨日はとても暑かったところ、菜園の畝立てを頑張って行ったので疲れていたのでしょう。午後9時ごろ、腰から背中にかけて痛みというか強い疲労を感じたので、固いフロリーリング上に直に寝転がっていたら、そのまま眠ってしまい、11時ごろにやっと入浴したしだいです。
ところが、その後眠られず午前3時ごろにやっと眠ったようですが眠りが浅く、今朝は午前5時半に起床し、菜園で畝のマルチングとトマト用の支柱18本を建てました。

P1120461 (2).jpg

午前8時前には帰宅して、朝ドラ「あおぞら」を今朝も漏らさず見たのです。このごろは草刈正雄も違和感なく見られるようになっています。

今日は、2週間前に作陶(成形)した4鉢の釉薬掛けの日であるため、休むことなく出掛けたのですが、ぶっつけ本番になってしまいました。
絵付け
IMG_2383 (2).jpg

釉薬掛け
IMG_2387 (2).jpg

思いどおりに焼きあがってくれることに期待するのみです。
友人と昼食を摂り、近くの農協でトマト苗を追加購入したものの、さすがに疲労を覚えて午後4時まで休憩でした。

しかし、一挙にやってしまおうと気合を入れて先日の購入分を定植しました。
ミニトマト5苗
P1120467 (2).jpg

大玉トマト5苗
P1120469 (2).jpg

夕食の時間になったので、本日追加購入した苗の定植は明日以降にしました。しかし、予報では明日から雨模様なので遅れそうです。が、まだ時間的な余裕はあるので大丈夫と思っています。
毎年のことながら夏野菜の重点種目はトマトなので、これだけ終わることができれば安心できます。

ここ数年、苗の購入が遅れてしまうシャキットキュウリの苗も今年はすでに入手しているので、準備万端です。
もうしばらくの間、夏野菜優先で取り組む予定です。

久しぶりに読書した『石川くん』に続いて『看る力』も読み、続けて読書したいところですが今夜も、眠ってしまいそうな気配がしています。
nice!(48)  コメント(12) 

畑の日 [家庭菜園]

4月22日、名古屋の最高気温が28.4度に達して、6月下旬の暑さだったようです。
山野草展鑑賞とか選挙などで、菜園にご無沙汰していたので、今日こそはとの思いで畑作業をしました。
午前の部では、先日立てたトマト用の畝にマルチング(乾燥防止で水やり回避と雑草防止のため)をしてさらにもう1本、これもトマト用の畝を立てました。
P1120446 (2).jpg
水分補給のためのOS1を持ち忘れたので、のどはカラカラ、早々の退散です。

早くも菜園に降り立ったツバメを目撃したのですが、構える前に飛び立たれて撮ることができませんでした。

鳥に発芽直後の豆を食べられないために、庭で育成していた枝豆とインゲンが揃ったので、午後から再び出かけて定植です。
出そろった枝豆(左)とインゲン(右)
P1120448 (3).jpg
発芽直後は菜園だと鳥、自宅だと夜に這い上がってくるナメクジ害があります。もうこのあたりが菜園行きになります。

定植しました。
P1120451 (2).jpg

意外と時間がかかり、暑さも強烈だったのでまたも退散です。
が、育ち始めたそら豆にもうアブラムシを発見しました。
P1120459 (2)_LI.jpg
無農薬有機栽培なので、この程度のアブラシムシは、手で駆除できます。

帰宅前には春ダイコンの発芽を確認しました。
P1120457 (2).jpg

そして、家人へのお土産に極甘キヌサヤを収穫しました。
P1120452 (2).jpg
このキヌサヤは早採り種で、本来であれば昨年末の収穫予定であったのに、どこで間違ったのかやっと本格的な収穫が始まりました。

トマトの接ぎ苗はすでに購入してあるので、明日あたりには定植したいと思っていますが、どうなるかは明日の諸状況しだいです。

nice!(45)  コメント(10) 

一畝立てました [家庭菜園]

3月18日、今日は、暖かかったので、昼前に水やりをしていた家人も撮ったようです。
カメラごとの投稿がありました。

IMG_0766 (2).jpg

午後から、私も菜園で見かけました。
P1110618 (2).jpg

P1110622 (2).jpg
テントウムシも見かけたのですが、構える前に逃げられました。

そして、そら豆とスナッブエンドウ用の畝を立て、晩秋に定植して育たなかったキャベツを残せるようにしてマルチングをしたのです。ありがたいことに腰への負担はほとんどなかったですねぇ。
今年、最初の1本です。
P1110625 (2).jpg
近日中に計8苗を植える予定です。

他処ではダイコンの花も見ましたよ。
P1110634 (2).jpg

これも葉物野菜のはずなんですが、名前が思い出せません。いただいた種もどこに置いたのか見当たらないのです。
P1110636 (2).jpg


今日の1席(「小さい石の展示会」から)

IMG_3049 (2).jpg
栃木県、茨木県 八溝石・那珂川石・久慈川石(計8石)   石銘 「達磨、枝に小鳥」

やっぱり1石展示が好きです。

IMG_3064 (2).jpg
佐賀県葉隠石   石銘 「仙境」

nice!(65)  コメント(10) 

神様は本当にいるのか [家庭菜園]

2月になった、1月は驚くほど速く過ぎ去ったように感じる、歳のせいなのか。
今月のカレンダーに、めくった。

魚拓カレンダー
IMG_0280 (3).jpg
サワラ

世界遺産カレンダー
IMG_0283 (4).jpg
アーへン大聖堂

盆栽カレンダー
IMG_0285 (2).jpg
野梅
「色も香も しる鳥ぞ しる梅の花」

50歳を過ぎたころからか、1年の内で2月がとても暮らしにくく感じている。現役時代は必ず2月に風邪をひき1,2日、休暇を取っていた。最近は風はひかないものの年間で最も縮こまっているように思う。

このところ「石見の喫茶店」へ行っていないので、自分で花を活けてみた。鉢物も庭にもらしいのはロウバイと水仙しかないので夕食後に切ってみた。暗いときだとロウバイのいい匂を強く感じる。

    IMG_0302 (2).jpg
「石見の喫茶店」は生け花教室を開いている。スタッフに訊いてみたら、男性受講者も結構いるらしい。正直なところ習ってみたい気持ちはあるが、このうえ趣味は増やせない。



昨日(1/31)、もう菜園の問題にはかかわりたくないので、来期からはハズレ1番の指定席(日当たりの悪い新区画、ハズレ2,3番は空き待ち)で静かに楽しみたいと宣言した。
しかるに、またまた午後3時頃市役所の担当者から電話があった。
「これまで利用されていた貴方の区画(8年間土作りをして楽しんでいた区画)に当選にした人が辞退をしたので、引き続きこれまでの区画を利用しませんか? 」と、神様はどこまで弄んでくれるのか。当選通知を受領した直後の人が辞退することがあるのか? しかも、私が8年間利用していた区画当選者が。
それとも、多くの高齢利用者のために奔走したご褒美として、本当に神様がいたのか。
何とも複雑な気持ちになった。
ともあれ、菜園へ行ってみたら、さらにそこで思いもよらぬものを見てしまった。これこそ、私が疑っていた証拠となる事実であり、疑いが確信に変わった。市役所に圧力をかけていると想像していた人物がほぼ判明してズバリであった。
3時頃の電話が無ければ、菜園へ行く予定もなかったので目撃することもなかった。正しい行動をしていれば、こうなるのだと思うと神様は本当にいることになる。

これまで利用していた区画を来期からも利用することにした。
ハズレ1番なので、指定席か従来区画かの選択権がある。
かくして8年間かけて土作りをしていたところを、最大13年間利用可能になる。
それにしても、何か小細工があるように思えてならない。不正利用者から「車の止め方が悪い」と怒鳴られたことから始まって、市役所の市民無視のやり方に対抗した7か月もの間、翻弄された。
やっと、元のさやに納まった。

nice!(56)  コメント(14) 

当地の市民で良かった [家庭菜園]

1月31日、曇りのち小雨。乾燥しきっていたのでありがたい雨、今夜はもう少し強く降ってくれるとさらにありがたいと思うのですが。


菜園で太っちょな赤大根を収穫しました。最後の赤大根なので残していたというより放っていました。
正直なところ、神様のイタズラなのか来期の利用権の抽選にまさかのハズレ1番だったので野菜作りの熱が冷めているからです。

赤大根は昨秋、初めて種を蒔いて育てたもので品種としては短形のサラダ向けのもののようです。放っておいたことによって長くはならず、横に太ったようです。
P1110059 (2).jpg

P1110060 (2).jpg
相変わらず下手なボケ写真になってしまいましたが、胴回りは42㎝でした。

P1110063 (2).jpg
重さは2.4kgありました。

これだけ太いと巣が入っているのではないかと思っていましたが、問題はありません。
P1110064 (2).jpg

ジャコおろしとおでんにしてみましたが、味も結構でした。
P1110068 (2).jpg

ところで、昨夕届いた市の広報紙に挟み込まれていた「市議会だより」の一般質問欄に、私が何度も取り上げていた菜園の問題についての記載がありました。
P1110074 (3)_LI.jpg
突然の市役所からの通知で、来期は同一区画が利用できなくなり区画数も減少することについて、私たち利用者は強く抗議し、市議会議員が議会で追及してくれたことによって撤回されたのです。
編集にあたる議会広報特別委員会も異議なく掲載許可をしたようです。36,00世帯に全戸配布されて知らされた内容が、結果的には市民の声を聞き入れ、修正されたということは極めてまれなことでしょう。

P1110072 (7)_LI.jpg

担当課長には、個別に撤回・再検討を要求していましたが、遅まきながら議会において担当部長から反省の弁があったので、当市に良識はまだ残っていたのだと嬉しく思っています。

残念ながら私はとても難しいハズレくじを引き当ててしまったものの、多くの高齢利用者が安心して来期以降も同一区画が利用できることに喜んでいてくれるので良かったと思っています。
ただ利用者の中には不適正利用をしている方もいるので、私の仕事ではありませんがその方には今、適正利用を呼び掛けています。
何かがあって担当課長も苦しんだ末のことと思うので、今後はしっかり市民目線で仕事されることと思います。
もう、忘れることにしていたのですが、「市議会だより」を読んでまた書いてしまいました。
来期からは、静かに野菜作りができることを願っています。
nice!(55)  コメント(9) 

落胆 [家庭菜園]

1月19日、晴れ、昨夜からとても寒いです。
3日前、来期から5年間の市民農園利用契約の抽選にハズレ、補欠の1番で予備区画をゲットしたものの、正直なところ落胆の気持ちがフツフツと湧いてきています。ハズレることの方がとても難しいからです。
久しぶりに菜園へ行ってきましたが、予備区画はやっぱり日当たりが悪いです。太陽が高くなる夏はいいかと思いますが、今の気持ちは重いです。
当選するだろうからと誘われて、現区画に植えたばかりのそら豆の苗もどうしたものかと思案中です。当選しておれば今日あたりは支柱を立てて、寒風除けカバーをするつもりだったのですが。

傾いたままのそら豆の苗。
P1100868 (3).jpg

一緒に署名活動した人は、市役所へ行って予備区画の利用許可を得れば、そら豆の移植も今なら可能だと云ってくれますが、現利用区画と来期利用予定区画の2か所の許可を得ようとは考えたくない、やせ我慢です。

ブロッコリーの収穫ができました。
P1100866 (2).jpg
何だか収穫の喜びも半減しています。

12月採りのタマネギですが、まだ収穫状態ではありません。試験的に採ってみました。
P1100875 (2).jpg
夕食で半分を水にさらしてカツオと醤油をかけて、半分を肉と共にすき焼き風にしました。前者はまずまず、後者はほとんど味が感じられなかったです。
あと2週間といったところでしょうか。

どなたかの畑に咲いていた花ですが、名前を調べる気力もありません。
P1100862 (2).jpg

こんな中に、不正に2区画を利用している人が堂々と収穫しているのを目撃しました。当選して来期もこの人が2カ所利用していたら、きっちりと役所とも話をつけます。

菜園のことですら3日経ったら落ち込んだ気分になります。
稀勢の里の今の心境を想うとあの日馬富士との一戦でのケガさえなかったならばと、悔しいことでしょう。まだ人生の半分も経過していないので横綱であること以上の輝かしい人生を歩んでもらいたいと思っています。
nice!(58)  コメント(6) 

大当たり~ [家庭菜園]

1月16日、5年に1度の抽選日。市民農園の来期から5年間の利用契約の抽選日でした。
P1100819 (3).jpg

昨年11月末に市の担当課から突然に来期に向けて菜園の圃場整備を行うので、当選しても従来から利用している所は利用できませんと通知を受けました。さらに来期の募集区画を41から33に減らしますというものでした。
多くの高齢の利用者は、ただ、おろおろと、嘆き悲しんでいました。皆、野菜作りだけを趣味として長く土も作ってきているので、今までどおり当選すれば引き続き同一の区画が利用できると思っていたからです。
そこで市長宛に、「市民の意向を無視する強引なやり方はよろしくない」と、皆さんの署名を集め抗議し撤回を要求してきました。
その結果、市の広報紙にも掲載してしまったことでしたが、議会で担当部長は撤回を約束しました。募集区画も38区画まで戻されて、応募者が41名だったので運悪く外れる人は3名までにすることができました。

P1100828 (3).jpg
抽選機には、赤玉38個、白玉3個が投入され、申し込み順に抽選機を回します。

抽選日の前まで私は、まだ利用可能区画が一つあるので、それも募集区画に入れて39区画にするよう求めていました。しかし、それには頑として譲られることはありませんでした。

外れる人は3人なので多くの現利用者はもう大丈夫と思っていたので、「まずは当選することですよ」と注意してきました。

さて、私の抽選番は23番目、1~22番まですべて赤玉(当選)だったので、そろそろ白玉(ハズレ)が、と嫌な予感。
右へ回しても左へ回しても玉が出てこないので、今度はゆっくりと回してみたらポロリと白玉が。えぇー、ハズレ1でした。白玉には1、2、3とあり補欠順です。つまり空き待ち順になります。

一緒に抽選会場にいた人が「一生懸命やってくれた人がハズレるとは・・・」
当たる確率7%の大当たりでした。

会場を後にした私は、先週にケガした指の抜糸のためにいつものクリニックへ行ったら、1月号のクリスチャン新聞福音版が。
P1100849 (2).jpg
心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人たちのものだからです。(マタイの福音書5章3節)

そうか、私は強く抗議をして貧しい者であったのかと反省。
そして読み進んでいくと、聖書のこの文脈で「貧しい」とは悪いイメージではなく、自らの足りなさを認めて神を信頼する人のことを云っているのです、とありました。

もう1つ募集区画に入れるよう要求していた区画は、ハズレた人が望めば貸し出すというものでした。
↓ ここは若干日当たりが悪いので市の管理地になっていました。
P1100836 (2)_LI.jpg
そして、長く利用されていなかったので30㎡を深く耕す必要があります。
↓ このように。
P1100837 (3)_LI.jpg

ハズレ1番はここが利用できます。この区画は水道に最も近いので腰の悪い私にとって、水がすぐ近く(7m)にあるということは、とても嬉しいことです。
そして担当課長に、耕してくれる業者を紹介してほしいと依頼したら、新しく貸し出すところは「私の方で耕します」でした。
これまで8年間土作りをしてきたところと水に近いところのどちらを選ぶのかと問われれば、与えられたところに感謝しかありません。

今日の「石見の喫茶店」の花は、いつもよりさらに奇麗に見えました。
↓ 椿・小手毬
P1100839 (2).jpg


nice!(60)  コメント(20) 

そら豆 [家庭菜園]

秋に種を蒔いたそら豆が、厳しい冬を越し4月に薄紫の花を咲かせ、5月に天に向かって実がなるところ好きである。そして塩ゆでして食べて、とてもで美味しい。だから毎年、秋に種を蒔いて育てていたのだが、市から借りている菜園が今年3月末に契約満了となる。よって、昨秋は種を蒔くことができなかった。しかも、契約満了に当たり市からの突然の提案で従来41区画あったものを来期の利用区画を33にするという納得できないものであった。その提案を覆すことができ38区画+αになったので、来年度も同じ区画を抽選で利用できる確率が高くなった。応募者は41名だったので抽選にはずれて利用できない可能性は7%以下である。よって昨年末、はずれることはないだろうと苗を購入した。

P1100622 (2).jpg
しかし年末年始は、忙しかったり寒かったりしたので植えられなかった。やっと今日4日は、暖かかったこともあり植えられた。だが、購入から2週間も経過していたのでポット内で根が張り過ぎている感じがする。

ともあれ、適当にすぐ植え石灰と有機肥料、米糠などを投入して植え床を準備した。
P1100619 (2).jpg
肥料負けする気もしないではないが、今日がチャンスであった。

P1100621 (2).jpg
寒い時期なので心配はあるが、根をほぐした。

そして、定植。
P1100624 (2).jpg

明日も暖かであれば、このように風よけをしようと思う。
P1100626 (2).jpg

おまけにキャベツも2苗定植しておいた。
P1100623 (2).jpg

そら豆にしろキャベツにしてもこの時期に定植した経験はないので、無事に育つかどうかは分からない。しかし、しっかり見守って管理をしておこうと思う。

久しぶりの菜園であったので、何か収穫をしようと青首大根と聖護院カブの収穫。赤大根は、もうしばらく寝かせておこう。
P1100628 (2).jpg


このところ当地は暖かい日が続いている。そして今後1週間程度は雨が無いようだ。昨年の夏野菜やその後の秋冬野菜も水の管理がとても難しくなっている。天候が不順であるからだ。
夕食時のテレビで東海大の箱根駅伝の優勝は、数年前から学生が低酸素状態での日常生活を続けたことで勝利に結びついたというようなことを言っていた。低酸素状態での生活がどのような状態になるのか知らないが、何か違和感を覚える。
nice!(60)  コメント(8) 

早採りエンドウ [家庭菜園]

12月17日(月)、昨夜来の雨もあがりよく晴れました。名古屋の画廊で東山魁夷の作品展があるという記事を何日か前に見たので、家人と鑑賞しようと思い、再確認したら月曜日は休館日となっていました。もしも撮影許可を得られれば今日のブログ記事にしようと思っていたので急遽変更しました。


借りている農園が今期末で契約更改になります。更改にあたり抽選漏れした場合は、秋植えの野菜で5月前後の収穫になる野菜は、秋には植えられません。そのうちの一つであるエンドウですが、9月にホームセンターで早採りエンドウの苗があったのを見つけました。
一昨日、たくさんの花の下の方を探すように見てみたら成っているではありませんか。早速、収穫して夕食にはシンプルな卵とじにして食しました。

P1100205 (2).jpg


P1100211 (2).jpg


P1100212 (2).jpg


P1100216 (2).jpg


P1100219 (2).jpg


ちょっと卵を混ぜ過ぎましたが、エンドウの甘さと香りが楽しめました。
時々、家人の援助をもらいながらも、まだ男の料理を続けています。

また、この日の菜園では、しばらく手入れしなかった九条ネギ周りの雑草抜きと土寄せもしました。ちょっと成長が遅れています。
P1100200 (2).jpg

初めて作った小さいレタス(白菜みたい)も収穫、やや収穫が遅かったようですが問題はありません。
P1100208 (2).jpg


間もなく12月採りの玉ネギも収穫できます。これは農協で見つけたものですが、早採り種も色々あるようです。品種改良が進んでいるのでしょうか?

午後、来期の貸農園の申し込みに役所に行ってきました。
高齢の菜園利用者は、契約期間が切れることは分かっていても、次年度の収穫になってしまうことに結びつかない人も多いのです。何度も何度も、振り込み詐欺に掛からないようにとか、分かりやすくした保険契約内容のお知らせが届くのも、注意喚起と説明責任の時代なんですが、まだ分かっていないようです。
2025年問題は、高齢者自らがよ~く考えないといけないようです。
nice!(55)  コメント(9) 
前の10件 | - 家庭菜園 ブログトップ