So-net無料ブログ作成

アポイキキョウ [植物]

アポイキキョウ
IMG_4627 (2).jpg

2014年当市の市制20周年の際、市の広報ボランティア活動をしていました。
広報活動以外でも記念行事の盛り上げに協力しようと、盆栽連盟に入会して秋の盆栽展の一席を大きな宮島五葉松で飾りました。
翌年3月、連盟の元会長に新年度から会長をやってくれないかと打診され、いきなり会長はないでしょうと、副会長を引き受けたのです。
そして5月開催の春の盆栽展では、衰退しつつある同連盟を活性化させようと奔走しました。
その時の盆栽展は例年になく多くの来場者をお迎えすることができ、撮影した出展者作品のアルバム冊子も120冊作り、関係者へ無料配布しました。
このアルバムが出来上がる直前、唯一、山野草愛好家のTK会員が急逝され、遺作即売会で購入したのが上のアポイキキョウです。
北海道アポイ山などに育つ極わい性品種らしいのですが、これまで開花状態が芳しくなく、今年やっと複数の花を見ました。

左側の親株
IMG_4644 (2).jpg
右側の、一昨年織部鉢へ株分けしたもの。
IMG_4647 (2).jpg

普通のキキョウです。
IMG_4678 (2).jpg

こうして見ると、アボイキキョウといわれても特に変わらないような気がします。
この遺作即売会で、同時に購入した斑入りのギボウシも、今年初めて咲きました。
キキョウは切り戻して、秋に再び開花をみることができるようなので、やってみます。
IMG_4667 (2).jpg

温和なTKさんと一緒に盆栽連盟活動ができていたならば、現在に至るまでの私の盆栽への関りも大きく変わっていたのではないかと残念でなりません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



以降、時系列のおまけ編。

菜園に出かける前に、白花朝顔2花を見た。
P1130390 (2).jpg

菜園では、目新しい収穫として紅小玉スイカ、これは被害に遭わなかった。
P1130393 (2).jpg
もう少し保管して、追熟させよう。

帰宅してタイタンビカスの確認。
P1130394 (2).jpg
今朝はピンク1、白1。

アポイキキョウの計上。

トマトがいっぱいあるのでジュースにした。
P1130397 (2).jpg
ジュースレシピを探していたら、おろし金を使うだけの超簡単。大玉3個で500cc。
明朝用に冷蔵庫へ。

夕食、家人は少しの赤ワイン。
P1130400 (3).jpg

福ちゃん用に私が特別に選んできたものには、やっぱり食欲旺盛。
P1130402 (3).jpg

私はというと、いただきものの辛口純米酒。今夜は、じっくり眠りたい。
P1130406 (2).jpg

完食した福ちゃんであるが、痩せてきているように見えるので心配。
P1130408 (3).jpg
いつも、量っている家人は痩せてはいないというのだが。

只今19:52、今日は、シャワーを浴びて早寝をする。
例年のとおり、7月になると未明から目が覚めて困っている。
おまけを計上していて、酔いが覚めてしまった。
眠れるかなー。
20:08
nice!(49)  コメント(10) 

Whiet taitanbicus [植物]

なんか連続更新400回になってしまいました。
忙しい忙しいといっていても、実は暇なんでしょうか。

白のタイタンビカスの初咲きです。
P1130363 (2).jpg
昨日、蕾の表面がピンクだったので白花ではないのかな、なん想っていたのですが安心しました。
春に苗を持ってきてくれた友人に、早速、報告をして来年は赤をgetしようという魂胆です。

P1130359 (2).jpg
ピンクの草丈は180㎝、白150㎝、そして鉢の深さが30㎝あります。
なので駐車場の屋根の関係もあるため、左右を入れ替えて上下にピンク・白が鑑賞できるようにしました。
今日(7/9)でピンクが16花目、これから毎日、ピンク・白・が楽しめるようです。

P1130366 (2).jpg
今日に限ってピンクが一つだったのは、ちょっと残念でした。

それと白の花は直径が19㎝で、聞いていたとおりピンクより1㎝大きかったです。
毎日、ピンク花の直径を計測していましたが大きさはほぼ一定しています。

ところで、鑑賞された人から、よく「芙蓉ですか? 」と訊かれるので、Wikipedia情報から引用します。
「タイタンビカスは、アオイ科フヨウ属の宿根草。アメリカフヨウとモミジアオイの交配、選抜により誕生した、生育旺盛で強権な宿根草。一日花で毎日かわるがわる咲き続ける」と、あります。

白の草丈が若干低いのは、同サイズの鉢に茎が8本あるからだと思います。
来年は、株分けが必要でしょう。


左右入れ替えた時の腰えの負担が今頃になって影響して、腰痛が出てきました。
いつも、1時間ほど後から出現するので、ついついやってしまいます。
nice!(47)  コメント(20) 

黄色のオダマキ [植物]

盆栽の友人が、今年4月だったか鑑賞先である山野草展の会場から電話をくれました。
なんでも、「山野草の育成を辞めるので処分するという人(後期高齢者と思われる)が、1つ100円でよく分からないものをたくさん出しているのだが、買っておこうか?」というものでした。
「適当に買っておいてください」と依頼したら、5、6鉢持ってきてくれました。
中には土だけのものもあったのですが、鉢だけでも100円以上するので、いいやと放置していました。
水やりだけは続けていたら、その土だけのものが今月になって急に葉が出て茎が伸び蕾もついて一昨日、咲きました。

IMG_4534 (2).jpg
ちょっと遅いので何だろうかと思っていたら、なんと珍しい黄色のおだまきのようです。
長く手入れがされていないようで弱っています。
鉢替えをすれば来年はちゃんと咲いてくれるだろうと期待しています。

下のヒメザクロ、小さい鉢で育てていたのですが、昨年、落下して鉢が破損しました。
やや大きい鉢に替えたら、今年は沢山の花をつけてくれました。
IMG_4541 (2).jpg
やっぱり、土の量と手入れの大切さを改めて感じました。
かと言って地植えにするにはスペースがないので、観る場所が特定できる鉢植えに拘っています。
植物側からみれば随分、身勝手なのかもしれません。


台風になりそうな熱低で大雨予報が出ていました。
よって、早朝から菜園でトマトとキュウリの早採りをしました。
トマトは雨で急激な膨張をして裂果するだろうし、キュウリは膨張に耐えることができても大きくなり過ぎで味が劣化するからです。

IMG_0596 (2).jpg

トマトの早採りをしていて気づくことができました。
尻ぐされ病です。
IMG_0598 (2).jpg
カルシウムの不足です。
大玉トマトは10種類育成していますが、この品種のDだけです。
経験上、ブランドメーカーの苗こそ高くて弱い傾向が見られます。
ついつい、新しいものに飛びつく癖がいまだ修正できていません。

今日は、久しぶりにフリータイムの日であったので「石見の喫茶店」へ。
笹百合
P1130192 (2).jpg

ちょっと用件もあったので郵便局も立ち寄りました。
今週は私の作品は置いていません。
地域の作品展コーナーの一部です。
P1130196 (2)_LI.jpg

小学校2年生から、「町たんけん」のお礼の手紙のようです。
学校の先生が指導して、どこの学校でも色々な所を見学に行っているようですが、そういうことを初めて知りました。
今の先生も色々大変であるこを、認めます。

P1130199 (3).jpg


久しぶりに気持ちもゆったりしたので、夕食の料理もゆっくり作り冷酒もいただきました。
P1130204 (2).jpg
この吟醸冷酒「長良川」、なかなか涼しげなさっぱり感漂う冷酒でした。

ここで、クイズです。
いつもの25度焼酎150ccを、冷酒300ccに代えただけです。
さて、どちらがよく酔うのでしょうか?
nice!(46)  コメント(14) 

パセリの花 [植物]

例年は、春に購入したパセリの苗を1株だけ定植して、毎日少しずついただいていました。
今年は、昨年の秋に種を蒔き、少し育って冬越しをしたものが、4月初旬から急激に成長して大きくなっています。
毎日いただいても食べきれず、花が咲き始めました。

IMG_0585 (2).jpg

昨年の秋から冬にかけての菜園の問題に力を入れて解決したので、その手前、今年は例年になく作る方でも力が入っています。
しかし、来年は縮小もしくは撤退しようと思っています。

今朝(6/26)、菜園に若いお父さんが来ました。
いつも「おはようございます」と挨拶をしてくれる人てす。

声をかけてみました。
「(野菜作りの)経験は、あるのですか?」
「初めてです。もう実がなっています」と、5㎝ほどの小さなナスを指さして嬉しそうでした。
「このキュウリは、収穫したほうがいいようですよ」
「明日、収穫します」
「雨が降ると、一挙に大きくなりますよ。会社ですか? 近いのですか? 」と連発。
「歩いて50分ですから近いです、健康のために歩いています」
「えっーっっ」、逆算すると8時40分には出社できるようです。
いくら初採りとはいえ会社へキュウリ1本持っては行かないのでしょう。

そういえば昨秋、雑草のままで放置してあった数区画のうちの1区画の若い男性に会ったことがあります。
「ずっーと、やっていなかったのですね?」
「妻が空き待ちを申し込みしていました、利用できることになった直後に誕生することが分かったので」。
今年は申し込みされないと思っていたら、先日、同一区画で若い女性が始めていました。

昨年の菜園問題を解決しておいて良かったと思う一方、高齢者ばかりの菜園、このような若い人達を応援し、できるだけ譲っていくべきではないかと思います。

小さな鉢植えのキキョウが今年も咲き始めました。
IMG_4528 (2).jpg

IMG_4529 (2).jpg

たくさんの蕾もついています。
大切にして、全部咲かせてあげたいと思っています。
熱帯低気圧が台風になりそうな気配ですが、風よりも雨らしいので、軒下に取り込みました。
nice!(45)  コメント(8) 

アガパンサス [植物]

早朝に菜園へ出かけたのは、3日ぶりであった。
家を出る前に朝顔のカーテンを確認したところ、概ね2メートル余りは蔓が昇っていたのだが、一応の大きさまで葉が成長しているのは1メートルほど。

IMG_0521 (2).jpg
IMG_0522 (2).jpg

少なくとも3種の種と夕顔を蒔いているのだが、よく咲いているのはダブル咲朝顔。
新種のようだが元気が良くて八重咲のような感じ。
IMG_0525 (2).jpg
IMG_0928 (3).jpg

普通の朝顔はまだ咲き始めたところ。
IMG_0527 (2).jpg
大輪咲朝顔はまだ咲きそうな気配すらない。

昨日(6/19)の夕方、初めて夕顔が咲いた。
IMG_0511 (3).jpg
ということで、カーテンとしての完成度は25%くらいかな。

菜園の一時的駐車スペースとして認められている、注意書き看板が折れ曲がり倒されていた。法面の下部にアルミ柱で差し込んであったもの。
2台分の駐車スペースも十分なので、車が法面に乗り上げて衝突したとは考えにくい。
少なくとも一昨日の午後は異常がなかったと思う。
IMG_0535 (2)_LI.jpg
捨ててあるようなので、誰がなぜこうするのか理解できない。
この看板、これまで不思議と何度も色々なことが起きている。

帰宅した時、家人が庭の水やりをしていたので、助かった。

アガパンサスが今年も咲いた。
IMG_0934 (2).jpg
15年ほど前、長姉がくれたものだが、ものすごく増殖するのでかなり減らしている。

アガパンサスの後ろにある、このアジサイで我が家のアジサイはすべて終了。
IMG_0942 (2).jpg

腰痛のリハビリマッサージに行ってきたのだが、最近は患者が多くて週2回の予約が取れなくなってきた。
やっぱり週2回の施術を受けることで、一定レベルを保つことができるようなのだが。

nice!(50)  コメント(14) 

カエデの仮植え [植物]

1昨日(6/15)、旋風で落下破損したカエデの鉢、盆栽の友人が適当なものを持ってきてくれたので、とりあえず仮植えして水やりをできるようにした。
やや、浅植えになっているので落ち着いてもう一度ということに。

IMG_4490 (2).jpg

ついでに、少し葉の整理をしておいた。
IMG_4494 (3).jpg
葉は夏が終わったころ、再度綺麗に整えて紅葉に備えてみようと思う。

ところで198円シリーズで購入した花菖蒲であるが、先日、花の開花過程の状態を撮って思っていたより短時間に咲くことを知った。その花が終わったので落とそうとしたところ、その左横に新たな蕾が出てきた。1茎に1花だと思っていたのだが、少なくとも2花が咲くことが分かった。
IMG_4486 (3)_LI.jpg
IMG_4487 (2).jpg
と、なると、まだ蕾を持った茎が2本はあるので、上手くすると6花を楽しませてくれることになる。しかも来年も咲かすことができるらしい。
随分とお買い得品だったようだ。
このところ、あまり面白くないことが続いていたので、ちょぴり幸せ感モード。
単純である。


nice!(43)  コメント(10) 

花菖蒲 [植物]

昨夕、スーパーの花売り場で、花菖蒲が198円+税で売られていた。
5ポットあったうち、蕾だけのものを選んで購入した。最近、この198円に釣られて色々な花を購入することが多い。
今朝(6/12)の蕾は、まだ巻貝状態であったので、咲くのは明日かと思っていた。
福ちゃんのお知らせもないので。

ところが、図書館へ返却(延長)に行こうと思って、13:48ちょっと見たところ、もう咲きそうな気配がした。
P1130091 (2).jpg

13:54
P1130092 (2).jpg

13:56
P1130093 (2).jpg

ちょっと来客があって14:24
P1130094 (2).jpg

14:54あまり変化はないようだ
P1130095 (2).jpg
でももう咲きそうなので、図書館への返却は少し遅らせて、夕食の支度でもと開始したら、またしても来客。

15:45
P1130096 (2).jpg
もうすぐ、開くところが見たいというか、何分ほどで咲くものなのかを知りたかった。

すぐに帰ればいいからと、図書館へ返却に出かけたらとんでもないことになってしまった。

読後感想文が書いていないので延長を申し入れたら、拒否された。
昨日が、返却期日なので「一旦返してもらわないと駄目です」と言う。
昨日は、市生涯学習課主催の陶芸教室で返却機会を逸してしまった。
では、いったん返して「明日借りに来るから付箋はそのままにしておいて欲しい」と頼んだ。

返す場合は、「奇麗にしてもらわないと駄目なので付箋を外してください」と言う。
では、「付箋を貼ってあるページの写真を撮ってから」と言ったら、
「写真撮影禁止です」と。

この本、30年前に出版された本で一般借り出しができない閉架室にあるもの(それほど読む人がいない)。
そして、この時点で借り出し予約も入っていない。
一晩くらい付箋を貼ったままで保管できないものなのだろうか?
これが、まさに今流のマニュアル対応。

「館長と話したい」と申し入れた。
少しベテランの窓口担当者が館長を呼びに行ったが、館長不在ということで役職者を連れてきた。
そして、「どうぞお話しください」と言う。
しかし、もう一度同じことを話す気は私はない。
役職者を読んでくるとき、どういう状態なのか報告しないようだ。

その役職者の発言は、全く窓口担当者と同じであった。

今年3月まで図書館長であった人に会いに行った、「今晩、新たな借り出し希望者があるかもしれないからダメ」と言う。
借り出し履歴を見ればすぐにわかることで、今晩の3時間余りに希望者があるとは99%考えられない。
閉架書棚なんだから。

元、館長に会った。
「返却予定日1週間後でないと督促はないから、このまま、借りておけばいいのでは」と。
(督促のないことを私は知っているのだが)
心配になったのか、前館長が、元館長と話しているところを見に来た。
「そういう問題ではない、当市は形式的なことが多すぎる」と、他の事例をいくつもあげてみた。
元館長も前館長も知っていることが多い。
3人で話している時、突然の雷雨。

夕食を作る時間なので、退散。
図書館の役職者に電話した。
「突然の雨なので、今から返しに行く気にはならないのだが?」と。
役職者、「ルールは守ってください!」
「督促を受けるまで返しに行かない人はけっこういるはず(否定されず)、1日遅れてはいるが真面目に延長(返却)に行った人が(付箋をそのままにしておくことすら)許されないのはおかしいねぇ」
「雨の中を、今から返しに来てほしいとは言いません。そしてこれ以上のことも言いません」と。

前館長に「神様はよくみているから、突然の雨だったね、元館長にも言っといてね!」。
「当然です」と返ってきた。

因みに、前、元の両館長は立派な中枢部、今日のことやこれまで私が受けて迷惑したことなど、役所の不手際、すべて公開される可能性についても黙認すると了承している。
しかし、今のところそんな気はない。
1日遅れた私も悪いが昨日であったら、問題なくスルーしていたのだ。
ハンドルの遊びのような部分が全くなくなっている世の中、淋しい限り。

そういえば、今日の2人目の来客、店長なのだが転勤になったとの挨拶であった。新任の時は挨拶がなく「貴重なご意見をありがとうございました」だけで、後任のことには触れず。
一体どうなったのかと思うばかり、年寄りは2000万円貯めて早く退散しなさいということだろうか。

帰宅した18:32、すっかり咲いてしまっていた。
P1130098 (2).jpg
P1130099 (2).jpg

夕食後の19:41
P1130103 (2).jpg

写真がヘタなので、月が丸く写ってみえるが今日は長潮の半月、満月は来週なのでいよいよ今年度の初釣行ができるのだろうか。








nice!(48)  コメント(13) 

何ユリだった? [植物]

6月5日、咲いた咲いたユリが咲いた。
すかしユリは蕾すらない。
名札がなくなっている方は、毎年咲く。
何年か前、同時に植えた記憶なんだ。
名札がズレたのかな?

IMG_4367 (2).jpg

IMG_4371 (3).jpg

IMG_4365 (2).jpg

IMG_4368 (2).jpg

省エネブログなので、調べない。
えー、本は読んだか? だってー。
ブログのネタがいっぱいあってね(>_<)
世の中、皮肉なんだ。

nice!(59)  コメント(21) 

サツキ終わる [植物]

5月31日、いっぱいの花が見られた今月であったのだが、総じて苛立つことが多い5月であった。
6月は菜園の収穫の月になりそうなので、苛立ちも納まるのではないかと思う。
花より団子である。

サツキは品種が多いので早咲きから遅咲きまで長期間楽しむことができる。
いよいよ今年もサツキが終わる。
全部しっかりと花後の管理をして、来年こそは80%は咲かせたい。毎年、花後の手入れを怠っているので咲かせることが難しいと思う。

はなびん
IMG_4341 (2).jpg

IMG_4343 (2).jpg


IMG_4356 (2).jpg

一生の春
IMG_4353 (2).jpg

全く咲いてくれなかったものが5,6鉢ある。
以下は1,2輪しか咲かなかったもの。

春の苑
IMG_4346 (2).jpg
大輪咲きの好きな花なのだが、今期、水が十分回らない時があって樹冠部も枯れて失敗であった。

めぐみ
IMG_4348 (2).jpg
昨年、鉢替えをしているので来年はまず大丈夫と思う。

千代の誉
IMG_4350 (2).jpg
置き場所が悪かったようで申し訳なかったと思っている。
場所が無いので約束はできないが、何とか環境を整えてあげたい。


川崎の事件が、今日もメディアで多く取り上げられている。
急に8050問題がクローズアップされてきたようだ。
2025問題も叫ばれて久しく、福祉行政の表面上の環境は整ってきているように見えるが、内面的な質の向上が未整備ではないかと思われてならない。
それぞれの分野での真心の不足なのだろう。


今日の中日新聞朝刊をみて驚いた。 明石市の介護付き有料老人ホームで91歳の人が孤独死していたそうだ。10数日間も職員が安否確認を怠っていたらしい。一時金2000万円も支払って入居していたとのこと。入居者約100人に対して介護と看護スタッフは35人いたらしく、決して少なくはないと思うのだが、 真心以前の問題だ。
nice!(59)  コメント(10) 

アマリリス [植物]

5月25日、所属していた盆栽連盟の作品展があったので家人と鑑賞。
急激な暑さで鉢物の水やりを出かける前に1回、サツキの花が太陽に負けそうなので日陰へ避難させておいて、帰宅後、さらに1回。
自分への水やりは経口補水液OS-1で完了。
夕方、さらに1回と、この時期に3回も行った記憶はかつて無い。
名古屋の最高気温は33.5度であったらしい。
菜園の水やりは、早朝の1回だけで勘弁してもらったが、当然に地植えでマルチングがしてあるので大丈夫と思う。


アマリリスが咲いた。
P1120986 (2).jpg

P1120988 (2).jpg

5月10日に蕾膨らむ。
P1120720 (2).jpg

5月13日
IMG_4163 (3).jpg

5月16日
P1120842 (2).jpg

5月18日
P1120844 (2).jpg

5月19日
P1120876 (2).jpg

5月23日
P1120950 (2).jpg

約2週間で開いた。
昨年はこの後、先端からさらに2つ咲いて、もう1本の茎からも蕾が出で1ヶ月ほど楽しんだのだが、今年は暑すぎてすでに花びらが縮み始めている。
このパッーと派手やかな下に、四つ葉のクローバーが小さく白花を咲かせている。
ひっそりと咲いているのだが、次から次へ結構長く続いている。
意外と鉢植えながらこういうのが強いのだろうと思う。
IMG_4335 (2).jpg


朝ドラ、皆がいい人のようで良かった思う。疑い深い私は、あの人もこの人もは悪い人で、なっちゃんが酷い目にあうのではないかとハラハラしていた。

大相撲、昨日の審判ですっかり気が削がれていたが、とりあえず栃ノ心が大関復帰ができたので、おめでとうと言いたい。それにしても、栃ノ心の変化とは思ってもいなかった。
そして、朝乃山は強いんですねぇ。今後、ケガのないように注意してもらいたい。

そういえば、17歳になった猫の福ちゃんと今日は一度もお会いしていない。最近、夜中に時々私を覗きに来るようだが、どうも距離を置かれているような気配がしている。

nice!(56)  コメント(16)