So-net無料ブログ作成

市民美術展 [陶芸]

8月30日の今朝も雨。
昨夜、盆栽の友人から「もう焼きあがっていないだろうか? 」と電話があった。この友人を陶芸に誘った責任があるので、今朝「出来上がっていますか? 」と照会したうえで2人で引き取りに行った。
陶芸を始めた頃は、私も焼き上がりが待ち遠しくてドキドキしていたことを思い出す。

2人とも盆栽鉢を作って同じように青磁釉薬をかけている。
違うのは友人は赤い土、私は白い土を使用したところだけ。

私のロクロ成形
IMG_4954 (2).jpg

IMG_4957 (2).jpg

友人のタタラ成形
IMG_4948 (4).jpg
これだけの作品を6回目にして作った、友人の熱意と器用さには驚きである。

友人の手びねり
IMG_4951 (3).jpg
また、土が違うだけでこれほどの色の差も出たのだ。

たまたま、友人の照会から今朝引き取りに行き、直後に私は先回の自分の作品と併せれば1作品として市民美術展に出展できるレベルではないかと閃いた。
IMG_4960 (4).jpg

市民美術展の締め切りが迫っていたので、急遽、タイトルを「青磁二鉢『川の流れのように』」と付し、出品料を添えて申し込んできた。
「奨励賞でもいただければ今後の励みになるのだが」と、担当者等に冗談を飛ばしてきたのだが、無反応。
役所の人はみんな真面目である。
それとも、「ボケ老人が」と呆れているのだろうか・・・。


nice!(36)  コメント(14) 

目線 [日記・雑感]

8月29日朝6時、雨が降ってはいなかったので久しぶりに菜園へ行ってみた。
季節の変わり目なので特別に野菜に関しての手当てもない。

ちょっと目線を変えてみた。
色が薄いのでシイタケ菌を打ってあるのか、お遊びなのかよくわからない。
IMG_0959 (2).jpg

もう、抜こうかと思っているパセリに
IMG_0968 (3).jpg

まだ咲き続ける冬瓜の花に
IMG_0974 (3).jpg


夕方の食事の準備中に、市役所環境課の人2名の来訪を受けた。
この時間帯の来訪は、連続2回目である。
1度目は、「セメントの汚水を側溝に流す建築業者は、建設業協会々長に確認したところ『そのような業者はいません』でした」という、報告であった。
協会長が「はい、やっています」と言うはずもないので、「協会長に聴くのではなく各社の現場監督クラスに聴かないと実態は分からないよ」、つまり目線が違うことについて、話しておいたのだが。
その後、実態は「やっぱり、流していることを確認しました」と報告を受けていた。

2度目の今日は、各所で行われている空き地の雑草刈りの業者が、雑草屑を側溝の立て坑(桝)に捨てていくことについて、「造園業協会に注意していきます」であった。
私が知った捨てて行く業者は、建設会社3社とSセンターであることを話しておいた。雑草狩りは造園業者が行ってるいう認識、いかにこれまで実態把握をしていないか、どうも全く感覚が違うようだ。
いつも2人で来て、1人は未だに名前すら名乗らない。3度目の面談なのだが、首から名札を吊るしていればそれでいいと思っているのだろうか。小さな字でとても名前が読めるものはない。
夕食の時間帯に連続で来ることだけで、彼らの本心が見えるうえに、(これで仕事をしていけると)自分の人生をも甘くみていてるとしか思えない。
そして彼らは、今日はしっかり私に報告という仕事をしたと思って帰られた。

小さな自治体だからこそ気づくことであろうが、「ゴミを垂れ流し、子孫にツケを残してはいけない」と、関係課に話しているのだが。

この来訪だけで、1日が不愉快な日になってしまった。
今日は、こんな記事にしようとは思ってもいなかったのだ。



nice!(34)  コメント(14) 

豊田市 [日記・雑感]

8月28日、午前5時ごろから佐賀県で記録的大雨、スマホが鳴ってテレビをつける。
とてつもない大雨のような特別警報であった。
当地もやや強めの雨。
この雨の中、ピンクのタイタンビカスが4輪も咲いた。1日4輪は初めてのことで晴れていたならば花も、もっと嬉しいのだろうなぁと思う。

P1140252 (2).jpg


母の実家があった豊田市まで出かける所用があって、「豊田へ行った時には」と、メモしておいたことがあった。
それは「『叶匠壽庵』のまわしものではないです」という、みずきさんのブログにあったこと。
当時、店舗検索をしたら、当地の近くは豊田市の松坂屋であったからメモアプリに残しておいた。

↓ みずきさんからの紹介記事
https://mizukisaquastyle.blog.so-net.ne.jp/2019-06-01-1

松坂屋の1Fにあった。
P1140254 (2).jpg

あも
P1140269 (2).jpg

購入の前に試食が出され、昆布茶もいただく。
問題なく2竿購入。
甘すぎると思いきやさっぱりとしている品のいい粒あん。

袋は4枚も、雨だからと紙袋の上からビニール袋を被せてくれる配慮も嬉しい。
年とってからすっかり両党使いになっている。
そういえば従兄の中に、餡饅頭をツマミに何時間も呑んでいた強者がいた。
当時は、考えられない人だと思っていたのだが、どうやらその従兄に近くなってしまったようだ。
人としての幅が広がったと理解していいのだろうか。


nice!(36)  コメント(10) 

雨です [日記・雑感]

8月27日朝、久しぶりにサフランモドキ(やっと名前を覚えました)の開花を見ました。
「なつぞら」の優ちゃんはなかなかの名優だなぁと感心しています。

P1140219 (2).jpg

午後から雨が降るということなので、水やりをどうしようかなと考えつつ花を探してみましたが、目新しいものはみつかりません。

ミズヒキソウとセッコク
P1140224 (2).jpg

今年2度目の朝顔の発芽を見ました。。
P1140227 (3).jpg
先日、朝顔のカーテンを撤去した際に、こぼれた種が発芽したようです。
これの開花が見られると面白いのですが、無理でしょうね。

アケビの新芽も吹いてきたようです。
P1140229 (2).jpg

このところ福ちゃんの鑑賞棚にも花が全く見られないので、ふて寝のようです。
P1140241 (2).jpg

シャッター音に敏感なので、むくっと。
P1140244 (2).jpg

もう起き上がるようです。
P1140245 (3).jpg

完全にお邪魔をしたようで、このあと自分の部屋へ行ってしまいました。
P1140247 (3).jpg
私が福ちゃんに気づいてから5分間の行動でした。

ご休憩の邪魔をした、お詫びのしるしにいつもと違う食事を購入してきました。
P1140249 (2).jpg
ポイントで購入したものですが、随分喜んでくれたようでホッとしました。
昨年の今頃、ポイントのありがたみを知ってから、けっこうボイント魔になっています。

午後からは予報どおりの雨で、週末まで続くようです。
わたしは、水やりに楽がさせてもらえそうなので喜び、来週にはちょっとまたどうかと、釣りへの想いが募っています。
次はメバル狙いで行きたいと思うのですが、家人の許可が下りるでしょうか。


nice!(39)  コメント(16) 

涼しい朝夕 [日記・雑感]

8月26日、久しぶりの菜園の早朝は、すっかり秋めいて冷ややかな空気を感じました。
ただ、当地の今日は寒暖差が11度にもなり、高齢者要注意状態でした。
所用が立て込んでいて、息つく暇がなかったのですが、夕方は家人の運転手を務めた某クリニックの水槽に癒されました。

クリニックの待合室、許可を得て撮影しました。
P1140195 (2).jpg

家人にとっては、内科のかかりつけ医はやっぱり女医さんの方が良いのかなと、2ヶ月前から転医しています。
特に大きな問題はないものの、ちょっとしたことでも相談できるお医者さんは心強いです。

それにしても涼しそうでゆったりと、おおらかに泳いでいるので、自分もこうありたいと思うばかりでした。
P1140197 (2).jpg

P1140204 (2).jpg

P1140206 (2).jpg

P1140208 (2).jpg

直径2㎝ほどの貝類ですか、ガラス面に付着しています。
P1140196 (3).jpg

あ、そうそう、会友として関わっている同人誌「山波」192号が、一昨日の中日新聞の文芸欄で評価されていました。この「山波」、時々この欄で高い評価を受けています。
今回は、友人である花田吾一さんのエッセーが面白いと紹介されています。
わたしも、花田さんのようにわかりやすい文章にすべきといつも反省しながら、また悩ましい次号の準備を始めています。
nice!(37)  コメント(10) 

スクラッチ [日記・雑感]

8月25日、全国的に涼しい朝だったようです。
ニュースに「寒暖差に注意!」とあって、当地では最低気温が24度、最高気温は33度でした。
10度以上が要注意らしいです。
3年前だったか飲み込む力がなくなり常備薬すらも喉をすんなり通らなかったことがあります。
そのとき、「寒暖差アレルギー」と診断されました。
単に「歳なのですネ」とつぶやいたら、医師から否定の言葉はなかったので、高齢者は特に注意したほうが良いということなのでしょう。

ちょっと油断していました。
P1140183 (2).jpg
これ、樹高約1mで3年ぶりに実をつけてくれた鉢植えの白マユミです。
わたしにとっては貴重な白なので残念。

一昨日の朝から降り始めた雨は、昨日の未明まで続いていたので、昨日の夕方の水やりを省略しました。今朝も涼しかったので、ゆっくり目の水やりの時に慌てて、鉢ごと「どぶ~ん」とバケツに浸しましたが、もう駄目でしょう。
春には強風で落花しないように、花にはホルモン剤も噴霧して、さらには置き場所もストレスのかからない場所に何度も移動させ、今年こそは無事結実させようと願っていたのですが・・・
夢はあっけなくです。
来年、また頑張ろうという意欲も削がれています。

そういえば未明に亡父と甥がが夢に出てきて、あれは一体何だったのだろうと、おかしな想いをしました。
何か叫んでしまったような記憶が残っています。

昨日の朝のことです。
20190824104219_p (002).jpg
時々、出かけるスーパーの入り口付近にある宝くじ売り場で、300円のサマージャンボミニの当選券を交換して、100円を足したうえスクラッチ2枚を購入しました。
下の1枚が当たっているじゃないですか、一瞬「やったぁ!」だったのに図柄を確認したら200円でした。
そこで、その200円でもう1枚購入です。
P1140192 (3).jpg

夢は夜しかひらかないようです。
宝くじ売り場は、何時まで開いているのでしょう?
年末ジャンボは夜狙いにします。

nice!(43)  コメント(10) 

小品黒松 [植物]

8月24日、晩酌の量は一定量を保っているのだが、最近飲み残すことが多くなっている。
今日は予め少なく用意していたのだが、残してしまった。

樹齢が30年~40年、樹高は17㎝の黒松が、今年の春だったか強風で落下し鉢が破損した。
その頃は、盆栽に気乗りがしていなかった時期だったようで、以来、放置したままであったのだ。
水さえ欠かさなけれはそれで良しという感じで過ごしてきた。

破損したままの黒松。
P1140170 (3).jpg
秋を迎えるにあたって、やっと鉢を替えようという気になったので、根を洗ってみたら根腐れ寸前の状態。

用意していた浅い鉢ではとても耐えられないと判断したものの、蘇らせるのはかなり難しいと思う。
P1140171 (3).jpg

せめて深めでやや大きい鉢を選んではみたものの、どうも駄目なような気がしてならない。
P1140174 (3).jpg

古い土をかなり落とし、枯葉・枯れ枝も整理して葉をすかして、身軽くしたうえでしっかり固定した。
P1140180 (3).jpg
今後、しっかり経過観察をして、タイムリーな処置が必要のようだ。

晩酌量についても健康のバロメーターでもあるので、よく見極めていきたい。


nice!(41)  コメント(12) 

巻き葉オモト [植物]

8月23日、朝から雨。

内径7センチの鉢では巻き葉オモトを維持できなくなった今年の天候でした。
植え替え適期が9月から10月なので、もう大丈夫だろうと実施です。
P1140154 (4).jpg
枯れが目立っているので。

鉢合わせ。
P1140157 (2).jpg
左 黄瀬戸  本焼き作業中に落下破損したものを、金継ぎで修正しているものです。
中 白ナマコ この頃がタタラ作りの成形に最も夢中の時期でした。
右 織部   窯の調子が悪く低温焼きになっしまい、焼き直しの希望が募られましが、
       これで良いと判断したものです。

どの鉢を選択しても植え方での調整もできるように思いましたが、家人も右を選んだので。
P1140160 (3).jpg
内径9.5㎝。

右、左、中立意見と、日韓関係もさらにややこしいことになってきました。
私たちが得ている情報が、恣意的でない公平で中立なものであって欲しいと願っています。
そのうえで平和への願いを込めてみたいと思っています。

nice!(36)  コメント(12) 

釣り人 [釣行記]

8月22日、例によって愛知県知多半島へ釣行しました。
釣った魚はいつものとおりなので、今回は別のお話です。

知多半島河和のこの堤防、あまり釣り人が来ることはないのですが珍しく先客がいました。鳥が後でその人を眺めていたので撮ろうと思った時、飛び立ってしまいました。
IMG_2562 (3).jpg

「おはようございます」と、声をかけたのですが聞こえなかったようでした。でも、まぁ円満に離れた位置でそれぞれ楽しんでいました。
海を観ていると、昨日までの鬱陶しいこともとりあえずは忘れられます。

この灯台付近でカサゴ10匹釣ったら止めようと考えていて、11匹で引き上げて移動しました。

また1人だけ先人がいて、「こんにちは、釣れますか? 」と挨拶したら、「お前、向こうへ行け! 」と言われました。先に居ると自分の陣地のように思っている高齢者は多いようです。
菜園の駐車スペースでも、真ん中にど~んと止めて譲り合おうとしない高齢者がいます。

追っ払われたので近くの次の場所へ移り、やっとハゼが釣れ始めた直後に老人と小学3年生くらいの3人が来ました。
子どもが老人に「鈴木さ~ん」などと呼んでいるので、譲ってあげて隣に座った鈴木さんに「ご近所の子どもさんらを連れてきたのですか? 」と訊いてみました。
隣家の子どもらとのことでした。
IMG_2579 (2).jpg
2週間前にはハゼを60匹ほど釣ったというこのグループは、今日は全く駄目なので遊び始めました。
メダカを梳くって嬉しがり、私の周りをうろつく時もきっちり挨拶し、「ありがとうございます」などと、ちゃんと言います。
IMG_2580 (2).jpg

私は、ここで26匹釣るまでの時間が100分も要したので、今度は狙いを替えて移動しました。
そのグループは、次はザリガニ取りに鈴木さんが先導していました。

移動した私は、1時間で20㎝と18㎝のベラをゲットしたところで、12:30です。
12:45からの「なつぞら」を観なくては。
今日は、いいところのはずと思い録画にはしたくなかったので、車内で観ました。
想像していたいいところは明日のようです。

帰りの南知多道路の入り口は南国ムードでした。
IMG_2594 (2).jpg


ペラ2匹。
IMG_2599 (2).jpg


夕方、予約していた整形のマッサージとウォーターベッド。
施術開始前も終了して立ちあがる時もめまいが。
熱中症を疑った看護師さん「めまいがするときは水を飲んでね」
「帰ったらビールを飲むよー」
「ピールでは駄目です」

看護師さんと医師は真面目がいいですねぇー。
でも、本当にビールと焼酎水割りで治ちゃいました。

nice!(38)  コメント(12) 

マイナー [日記・雑感]

8月21日、今日も未明に雨が降ったらしい。
菜園へ行った時、帰ろうとしていた知人が「水やりの必要はありませんよっ」と。
トマト・キュウリ・ナスなどを夏野菜のメジャーとすると、マイナー野菜が栄える時期になったのかな。

大葉
IMG_0940 (2).jpg

モロヘイヤ
IMG_0941 (2).jpg

トウガラシ
IMG_0942 (2).jpg

すでに秋野菜の種を蒔き、間引きをしながら楽しんでいる人も少なくない。
わたしはというと、しばらく野菜からは離れて陶芸・読書・盆栽・釣りなどで過ごしたい。

今日は、2つの作陶鉢に「青磁」の釉薬を掛けてきた。
IMG_0944 (3).jpgIMG_0947 (2).jpg
素焼き後             釉薬後
あとは本焼きを待つのみ。

読み上げるのに長くかかってしまった小林完吾・小林愛子『愛あればこそ 在宅看護した1600日の看老記』(講談社 )【読書NO.354】を8/17読了した。直後に、某クリニックの院長が貸してくれた『樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』(宝島社)を読み始めている。

今日の「石見の喫茶店」
20190821112502_p (002).jpg
桔梗・風船葛

それにしても湿度がとても高くて暑い。

内田裕也が樹木希林に「四の五の言わずに、(旭日小綬章を)おとなしくいただいとけ」と言ったらしい。そして樹木希林が、「『ロックンロール! 』しか言わない人かと思ったら、『四の五の言わず』だって。私って、いかにも四の五の言いそうじゃない? よくわかってるなあと感心したわよ。」と語ったらしい。
今度は、おそらく速読(法ではない)できると思う。

nice!(39)  コメント(10)