So-net無料ブログ作成

鉢物山野草 [植物]

11月19日朝、市役所産業振興課長へ抗議の電話をした。同封書類を入れ忘れたことについては、すでに先週金曜日に苦情の電話が入っていたようで改めて送りなおしたらしい。
それも拙速である。
一番の問題は、彼らは「圃場整備」をしたいらいしいのだが「圃場整備」などという文言を当然のようにタイトルに使用している姿勢。
他の菜園利用者も、私のように自分の耕作地は、数年かけてそれぞれが野菜だけでなく土づくりもしているのである。「圃場整備するので来年度は抽選に当たっても同じ場所では利用できませんよ」という内容。それならそれで「もっと早く言ってほしかった」と皆さんが言っている。早く言ってもらえば年度またがりの収穫野菜は植えなかったということでもあろう。
担当でありながら作物について全く分かっていない。利用者は抽選に外れた場合なら素直に諦められるとも言っている。
また、「徒歩か交通公共機関を利用して菜園へ来るように」とわざわざ書いている。とても不便な公共交通機関を利用して畑へ行こうとする人がいると思っているのだろうか。
自転車は駄目なのだろうかと疑問、不備が多すぎる内容。
菜園利用者には、野菜作りだけを楽しみにしている高齢者が多い。
つまり、偉い人達は「市民のための憩いの場である菜園と言いながら、市民を突き放している」ことに気づいていない。
新入職員に「主事」の肩書を付ける自治体である。

そこで、彼らの立場を忖度してあげて「こうしたらどうなのだ」という、二つの提案をしておいた。今週中、検討したいというので待つことにしたが、満足な回答は得られないと予想している

ともあれ、山野草を撮って楽しんだ。

屋久島ホソバハグマ
IMG_1230.jpg

拡大
IMG_1216.jpg

花ラッキョウ
IMG_1337.jpg

拡大
IMG_1328 (2).jpg

ヤツデ
IMG_1235.jpg

花キリン
IMG_1240.jpg

カエデ
IMG_1342.jpg

フジバカマ
IMG_0719 (1).jpg      
                    11月3日撮影

清澄シラヤマ菊
IMG_0909 (4).jpg
                    11月7日撮影


夕方、市役所からの郵便が届いた。書面の宛先が各位に訂正されて、漏れていた書類が同封されていた。誰かから指摘され、お粗末な落ち度に気づいてそのとおり直ちに反応したようだ。
しかし、私の提案が仮に受け入れられれば再々度、発信することになる。
税金の無駄使い。
だから今週末、私の提案は受けいれられないと思う。

nice!(58)  コメント(5) 

文化祭本番 [日記・雑感]

11月18日、昨日、文化祭で撮った写真が何故か青色掛かっているので、カメラを変えて一部撮りなおしに出かけました。
盆栽連盟の友人が、「12時までだが、書道のSH先生がカレンダー色紙に好きな字を書いてくれるよ」と教えてくれたので、書いていただきました。どうやら最後の一人であったようです。

IMG_1169 (2).jpg
特別な信仰心はありません
wildboarの年なので絵も入れていただきましたが、落款を押してもらうと高くなりそうな気配がしたので落款は遠慮しました。


最近、盆栽よりも水石鑑賞の方により深いものを感じています。盆栽展に出展されていて「いいな」と思った水石です。

  根尾菊花石(岐阜県)      石銘『爽 籟』
P1090284 (5)_LI.jpg
バックパネルの継ぎ目がズバリ真ん中に当たっていたので、バックを加工しました
高い空に鰯雲が広がり、ふと吹く風に秋の香りを感じます。


   白山紋石(福井県)      石銘『仲 良 し』
P1090295_LI (3).jpg
同様にバックを加工しました
寒さの中、枝に止まる鳥が何か語っているように見えませんか。
枝にわずかに残った枯葉としか見なかった私、二羽の鳥に見立てた鑑賞力に深さを感じました。


   千軒石(北海道)     石銘『懸崖秋風』
P1090291.jpg
晩秋の険しい静寂な懸崖に、吹き付ける木枯らしの情景を連想し、鑑賞してはいかがでしょう。
う~む、ちょっと難しいです。

盆栽はもちろん、陶芸、絵画、写真も急いで鑑賞しました。それぞれの分野の知人らと会話できて楽しいひと時でした。


夕方、今夜は鍋にしようかと下仁田ネギを採りに菜園へ行ったら何人かが、市役所からの文書のことを怒っていました。皆、同じ気持ちであることが分かったので明日はやっぱり代表して抗議します。
夜、私の友人の中で最も若い人が旅行の帰りだと土産を持ってきてくれました。
P1090332 (2).jpg
その配慮にとてもうれしく思い、総じて今日はいい日であったと思います。
ただ、その友人と話していても、最近特に活舌が悪くなっているのが気になりました。避けて延ばしている胃と大腸の内視鏡検査に加えて、8年ほど受けてない脳のMRIも加えないといけないと思うと憂鬱です。
nice!(41)  コメント(8) 

翠 山 [水石]

11月17日、昨日(11/16)届いた郵便物の開封が遅くなって同日の午後10時過ぎになりました。発信者は市役所の産業振興課長、宛先は私個人名への書面です。タイトルは「市民農園の利用者募集及び圃場整備に伴うお願いについて」となっていました。
おそらく自分たちは分かっているのだろうが、受ける側からすると疑問点がいっぱい湧いてくる内容。
先回の書面と同様に利用者各位でいいはずなのに、個人名にしているのはなぜでしょう。極めつけは、来期も利用を希望するのであれば12月10日~21日までに同封の利用手引きを確認したうえで、持参または郵送で申し込みくださいとなっているのに、同封されている書類は一切なし。文章中に同封の申込書というような記載もなく何を持参して申し込めばいいのだろう。
この内容に首をかしげているうちに、当ブログの本日0時アップ設定を忘れてしまって眠ってしまいました。
午前5時に目覚めて自分のブログを開いてみたら前日記事のままでした。
今年7月から、この課には本当に迷惑しています。



水石の友人が、今日の文化祭のメインステージを飾りました。自分のことのように嬉しいです。


IMG_1152 (4).jpg


   姫 川(新潟県)
 
石 銘  『 翠  山 』


国石に選定されている天然記念物の山形をした本翡翠です。乳白色に淡緑色、碧色が溶け合い新緑の景色が感じられないでしょうか。



「敬神愛人」の気持ちを忘れず、ブログを怒りのはけ口にしないということで始めたのですが、いずれも市役所が関係する「陶芸」と「家庭菜園」から崩れ始めています。本翡翠とは云わないまでも、せめて『翠山』のように穏やかな気持ちであらねばと思うのですが、単に誤りと云える程度ではありません。本性には勝てないようです。
週明けに抗議したいと思っています。
nice!(54)  コメント(5) 

味覚の晩秋 [食事]

11月16日、最低気温7.9℃でした。
金曜日なので午後から郵便局へ「マユミ」盆栽を引き取りに行ってきました。近くの郵便局に、自作の鉢に植えた盆栽を飾っています。
「郵便局を良くしよう」と郵便局長が、地域の作品展コーナーを設置し頑張っているから協力しています。来局者が「わぁー、これ!」と楽しんでもらえば、郵便局もより活性化するのではないかと思っています。
先週は「老爺柿」でした。来週は、明日にでも咲く「花ラッキョウ」を持っていこうかと。


釣りに行ったこと、菜園の収穫のことなどを記録したら、いただいたコメントの多くが「美味しそう」だったので、根菜類の漬け物と煮物についての紹介です。

赤ダイコンのぬか漬け
P1090040 (2).jpg

P1090161 (2).jpg
今年初めて作ったもので「サラダや漬け物用に」と、なっています。

P1090162 (2).jpg
厚めの丸切りにして、残りはテキトーにぶつ切りにしました。

P1090168 (2).jpg
ぬか床は、今夏キュウリ用に作ったもので、その後ナスやカリモリなどに利用してまだ頑張っています。
ニンジン作りは、いつも失敗しているのでもう止めました。購入品です。

聖護院カブの千枚漬け
P1090044 (2).jpg

P1090050 (2).jpg

P1090235.jpg

P1090275.jpg
右、私用に唐辛子を効かせたもの。左、家人用に蜂蜜を少し入れました。

青首ダイコンの煮物
P1090228.jpg

P1090233.jpg
作った直後の昼食では、味が若くて青っぽい感じ。

P1090276.jpg
5時間ねかせた夕食では、よーく味がしみていました。

P1090230 (2).jpg
シラスおろしもマイルドです。シラスは釣行途中の「魚太郎」での購入品です。

やっぱり食べることが一番の楽しみです。


郵便局を出た後、市民会館に寄ってみました。明日(11/17)から始まる文化祭の準備風景の見学です。盆栽連盟の準備で、出展者の一人が大きい松を持ち込みましたが添えがありません。長老が「誰か添えになる物を持っていないか?」と。誰も「あるよ」と云わなかったので、「マユミなら車の中にありますよ」で、思わぬ「添え」の援助出展になりました。
P1090266 (3).jpg
準備風景見学の後に郵便局へ寄っていたなら、あり得ないことです。
昨年度で退会した盆栽連盟、行動していると面白いことになるなぁと思います。

nice!(59)  コメント(18) 

秋野菜の収穫 [家庭菜園]

11月15日、朝食前に久しぶりに菜園へ出かけました。秋野菜は水やりを毎日必要としないので楽です。よく成長していましたが雑草もよく育っています。無農薬栽培なのでキャベツや白菜の虫食いがやや目立っていました。

今日の収穫
IMG_1012 (2).jpg
左から春菊・水菜・小松菜・青首大根・聖護院カブ・赤大根

菜園全容
IMG_0988 (2).jpg

マノア(ミニレタス)
IMG_0990 (2).jpg
もう収穫してもいいようです。

ロメインレタス
IMG_0991 (2).jpg
今月末くらいの収穫か。

小松菜
IMG_0993.jpg

下仁田ネギ
IMG_0995 (2).jpg

ホーム玉ネギ
IMG_0996.jpg
12月収穫可能、雑草抜きをしなくては。

リーフレタス
IMG_0998 (2).jpg

キャベツ
IMG_1000 (2).jpg

白菜
IMG_1001 (2).jpg

ブロッコリー
IMG_1002 (2).jpg

早採りエンドウ
IMG_1003 (2).jpg

聖護院カブ
IMG_1004 (2).jpg

赤ダイコン
IMG_1007 (2).jpg

青首ダイコン
IMG_1006 (2).jpg

やや早すぎるほど順調に育っています。


組閣のたびに大臣の資質が問われています。
「適材適所」の意味も分かっていないのでしょうか?

nice!(68)  コメント(10) 

迷いの釣行 [釣行記]

11月14日、ちょっとだけ朝寝しました。昨日、半夜釣りをして帰宅が遅くなったからです。
朝食後、鉢物の水やりは家人に任せて、釣果を確認しながら魚の下処理をしました。


昨日(11/13)の釣りは、目的の魚を何にするのか、それによって釣り場も変わるので色々迷っていました。いつでも行けるよう愛知県知多半島南知多地区の時間単位天気予報と潮時表は、1週間前から随時確認していました。

A案、昨年の実績からすると、そろそろ適期になる大型ハゼボイントの豊浜港
B案、前2回、大型でいい結果であったベラ・タケノコメバル、それにメジナまで釣れた
    河和港、 このポイントは、昨年実績ではもう遅いかもしれない
C案、先週、気晴らしに無駄使いした8mのメバル竿を使ってみたい、この場合は師崎港
   か片名漁港

いつも未明出発の午後帰宅としていたので、迷うわけです。発想を変えて午後出発にして夜遅くに帰宅するのであれば、干潮時に合わせてB、満潮時に合わせてCを選択すればよいと判断し、出かけました。Aは12月でも遅くはないと思われます。

B案の河和港Wポイントの釣果1
IMG_0970.jpg
20㎝のタケノコメバルです。強い引きは、柔らかい4.5m(2間半)竿を右手一本では支えられず、左手を添えて岩穴へ持ち込まれないよう耐えてGETしました。

河和港Wポイントの釣果2
IMG_0973 (2).jpg
Wポイントに着いて、入れて5分でベラ(キュウセン)をGETし、まずはホッとしました。引き潮の時合いとなることと昨年実績からでは遅くないかと思われたからです。立て続けにベラを3匹釣って20㎝タケノコメバルを釣るまでの間はわずか35分間でした。この調子なら10匹釣って片名へ移動しようと考えていたら、以降全く釣れませんでした。3.6m(2間)竿では短く、5.4m(3間)竿では長すぎて駄目な不思議なポイントです。

釣りの前には、当然エサを求めます。いつものエサ店の前でコスモス畑を発見、昨年の夏はヒマワリ畑でした。
IMG_0927 (2).jpg

車へ戻る途中のDポイントでハゼはどうかなと探ってみましたが、20分間で16㎝1匹のみでした。型はいいとしても数が不足、天気も危うくなってきました。
IMG_2137.jpg
右下の黒い部分は堤防で、その上の小さな黒点2個は鳥です。

C案の片名漁港へ移動する途中では、いつもの生青のりや美味しい魚介類を購入のため「魚太郎本店」に寄りました。
IMG_0931 (1).jpg

IMG_0932 (2).jpg

さて、片名漁港で開始した時はちょうど夕まずめでした。
IMG_2139.jpg

8m竿を入れたらすぐに、20㎝のカサゴが。
IMG_0975.jpg
しかし、小雨と強くなった風で8m竿では振れてアタリがとれません。30分ほど頑張ってみたもののとても難しく、風よけポイントへ移動。

16㎝のメバルをGETしました。
IMG_0983.jpg

比較的、間断なく目的のメバルが釣れたものの型が小さく、16㎝クラスが揃えば最高なのですが。
IMG_0981 (3).jpg

片名漁港でのメバル狙いは初体験。初めてとしては今後に期待できる釣り場のようでした。
近場の年寄りの釣り場としては、今回くらいが最大の釣果かと思います。
迷った挙句の計画の成果が概ね達成されたように思い、満足しています。

稀勢の里4連敗、明日(11/15)も出場すれば、それだけで諸手を挙げて軍配も上げてやりたいと思います。




nice!(59)  コメント(6) 

福ちゃんも盆栽鑑賞 [雑感]

11月13日、昨日で稀勢の里が2連敗しているので心配です。
猫ブームが衰えないようなので、我が家の福ちゃんが久しぶりの登場です。
今朝は曇っていて陽ざしがないので福ちゃんの盆栽鑑賞はありませんでした。どうやら晴れた日の柔らかな陽ざしの時だけのようです。


一作日、朝の陽ざしが清々しく福ちゃんもガラス越しに盆栽鑑賞しているところを発見、芸術の秋です。
P1090062 (2).jpg
目線は五葉松です。

午前中だけ、福ちゃんの追っかけをしてみました。だいぶ前からカメラを向けると逃げるようになっているので正面からの顔が撮れません。

盆栽鑑賞が終わったら、恋人探しです。数年前、ドアー越しに出会ってからこの行動が続いています。
P1090075.jpg

家人がブラッシングの準備に入ると、いち早く寝転んで待ちます。
P1090085.jpg
私が理学療法士さんのマッサーシを受ける時と同じです。

ブラッシングを終えた直後は至福のひと時です。
P1090092 (2).jpg

お腹が空いたので、食事です。もう何度目の朝食になるのでしょう。
P1090102.jpg

腹ごなしに運動も必要、階段を昇り下ろし途中で高みの見物。
P1090108 (2).jpg

運動後は水分補給。
P1090111 (2).jpg

このドアーの向こうに、もう1か所お気に入りがあるので、開けてくれと督促です。
P1090117 (2).jpg

お気に入りの定位置で、毛づくろい。
P1090132 (2).jpg

P1090135 (2).jpg

昨日の朝は、山野草(ダイモンジソウ)の鑑賞でした。
P1090176 (2).jpg

飼い主に似てくるのでしょうか?

それにしても福ちゃんは私の撮影を拒否するので難しいです。
今朝は鑑賞タイムがなかったからなのか、スマホ撮影には協力してくれました。

DSC_0453.jpg
ところが、正面向きは当方が緊張して酷くボケました。


突然ですが、狙いが定まらず迷っていた釣行、午後から決行しました。そして23時帰宅でした。
釣行の詳細は、15日アップで可能かと思います。
このブログの釣り記事を楽しみにしていてくれる人がいらっしゃるようなので、予告しました。

「岩崎城」記事で、コメントをいただいてリプライが遅くなりました。上記の理由ですのでご了承ください。

稀勢の里、3連敗、危険水域か。




nice!(58)  コメント(16) 

夕方の岩崎城 [散策]

11月12日、曇り予報だったのに朝は晴れていました。猫の福ちゃんは今朝はダイモンジソウの鑑賞でした。夕方にはパラパラときました。
釣りへ行きたいのですが狙いが定まらす場所も決められません。ぐずぐずしていると潮が変わってしまいます。
鉢物写真も撮っておきたいと思っていてもできません。ぐずぐずしていると旬が過ぎてしまいます。
一つずつこなしていけばよいと思っていても、色々、気が散ってしまいます。



先週、釣行を中止したことで空いた一日の午後を利用して五色園、妙仙寺(臥竜の松)、岩崎城を廻りました。菊花展も岩崎城址公園のことでした。
岩崎城に着いた時はすっかり夕方になっていて、西日を受けていました。
IMG_0816 (2).jpg

IMG_0857 (2).jpg

IMG_0859 (2).jpg

IMG_0876.jpg
「……地元の人びとに昔を偲び郷土を愛し、親しむ心のよりどころとなり、郷土のシンボルとして後世に残されることを念願して、ここに岩崎城建設の誌とする。」

IMG_0871 (2).jpg


6世紀前葉に造られたと推定されている豪族の円墳(直径12mの古墳)があるのですが、観ていただけで撮り忘れてしまいました。


二の丸庭園
IMG_0870 (2).jpg
元々は庭園でなく馬出(城兵の出入りを確保する施設)だったようです。

水琴窟
IMG_0866.jpg

IMG_0869.jpg
キィ~ン♪ という、澄んだ音です。

IMG_0873 (2).jpg

IMG_0874 (2).jpg

久しぶりに天守閣に登りました。
IMG_0879.jpg

IMG_0884.jpg

IMG_0885 (4).jpg
名文なのにボケてしまい、申し訳ない気持ちがいっぱいです。
書き写します。

        楽しかった

 2018.10.30
 地元の人間です。30年ほど前、このお城ができた時
 地元の大切なお金をそんな事に使うなと思っていましたが
 わたしの考えは間違ってました。よく皆で決断して、
 こんなりっぱな物を作ったなと思います。
 遠くからきてくれた方、また来てください

 安土桃山時代の大河ドラマで1回くらい
 やってくれたらなと思います。5分間くらいでよいので
 NHKの人よろしく。                

nice!(59)  コメント(14) 

女の一生 [日記・雑感]

11月11日、晴れです。朝の清々しい日差しで、家人の愛猫「福ちゃん」もガラス越しに盆栽鑑賞をしていました(近日中にアップしたいと思います)。
色々、整理したり準備したりすることが山積しています。今日はできたのでしょうか?
10%くらいかな。


昨日の豊田市での盆栽展鑑賞は、即売会の品定めがなかったので予定より早く会場を後にしました。帰宅するにはまだ早いので通り道である、みよし市の文化センターに寄ってみました。
同市、打越地区の文化祭があって覗いてみたら、まだ準備中の雰囲気の中、パッと目についた「書」がありました。

IMG_0943 (4).jpg

頭の硬い私は「リユ? 」、書を嗜んでいた家人に訊いてみました。「ソコでしょう」と。
なかなか書けない、いい「書」だなと思っていたら、小学校高学年の女性が額の下の名札を付けようとしていたので、「貴女の字なの?」と訊いてみました。
「違います。」でした。そうだよなー、小学生が書く内容ではないなと思いつつ、この書の下のテーブルを見ました。

IMG_0952 (2).jpg

IMG_0951 (3).jpg

IMG_0950 (2).jpg

IMG_0949 (2).jpg

IMG_0948 (2).jpg

IMG_0947 (2).jpg

IMG_0946 (2).jpg

IMG_0945 (2).jpg

IMG_0944 (2).jpg

IMG_0953 (2).jpg

単純に、「この人90歳代の人だ、大したものだ」と思いつつ、目をに横にやると「額絵」が目に入り、絵もやるのだー」と、独り言。

IMG_0956 (5).jpg

すると、ちょうどそこにご本人がいらして準備中でした。ずっとお若い女性でした。
「どちらかというと、絵の方です」
「100歳へ向かわれているので90歳代の人かと思いましたよ。猫を飼っておられるのですか?」
「飼ってはいませんが、好きです。男の一生というのもあるようですよ。ネットを検索していたらありましたよ」と。
その女性、子供たちから先生と呼ばれていました。

みよし市は、区単位で文化祭を行っているのかと感心しました。東洋経済新報社の「住みよさランキング」で全国市区町村の一位に選ばれたことが、かつてあります。

最初に目に止まった書、手が不自由な女性の「書」だそうでした。きっと、「女の一生」の女性が先生なのだろうと想像。

豊田市盆栽展の帰り、思わぬヒットでした。


nice!(67)  コメント(10) 

日本盆栽協会豊田支部盆栽展 [鑑賞]

11月10日、「早く行こう」と盆栽展を家人と鑑賞してきました。そろそろ各地区での今年の展示会も終わりに近づき、私も年内の鑑賞予定はあと2箇所のみです。
今日の盆栽展は、日本盆栽協会豊田支部の豊田市民文化会館で開催されているものです。格調高い盆栽展と思っているので家人に見せたくて行ってきました。
月刊誌の『近代盆栽』の取材もあったようで、一味違った鑑賞をさせてもらいました。
今回は、できるだけ松柏類は避けてめずらしいものをアップします。

山ぐみ
IMG_0898 (2).jpg


IMG_0902 (3).jpg
確かに木肌は藤です。この葉が藤とは思えません、初めて見ました。

一才レモン
IMG_0904.jpg

キウイフルーツ IMG_0907 (2).jpg

深山海棠
IMG_0909 (3).jpg

黒松
IMG_0911 (2).jpg
添配がいいですねぇ。

ツバキ
IMG_0915 (3).jpg

ピラカンサ
IMG_0919 (2).jpg

杜松  豊田市文化振興財団 理事長賞 IMG_0921 (2).jpg

コトネアスター
IMG_0926 (3).jpg

山柿
IMG_0928 (2).jpg

モミジ
IMG_0900 (2).jpg

残念だったのは、昨年あって今年も「有」とされていた即売会が中止されていたことです。
約20名の会員のうち即売会に出品する人は10名程度のようです。即売会用の隣接のスペース使用料がプラスされるらしいので、10名でそれを負担するのは「厳しいです」と会員談。
そのスペースは空いていたので、会館はプラス料金なしにしてあげればよいのにと思ってしまいました。この会のような即売会出品者は、むしろ損をして盆栽普及への思いの人が多いと思うからです。
まだまだ「緑を」、と思う盆栽愛好家の気持ちが理解されない施設が多いようです。

さすが豊田市、立派な会館だと思います。
IMG_0889 (2).jpg

IMG_0891 (2).jpg

IMG_0939 (2).jpg
nice!(64)  コメント(16)