So-net無料ブログ作成

陶芸教室 [陶芸]

織部釉薬+αの二重掛け作品ではないかと思う。
釉薬が垂れていても、窯板からはずして商品になっていたらしい。
購入した友人が、プレゼントしてくれた。


P1080489 (3).jpg


10月28日の陶芸教室で、女性講師のAさんが受講者に「今後、釉薬を二重に掛けする場合は、2度目の釉薬の中へ作品を入れることは止めてもらいます。2重に掛けする場合は、コンプレッサーか霧吹きでお願いします」と。
さらに「よろしいでしょうか? wildboarさん」と、名指し。
2時間の教室で、コンプレッサーの利用ができるのだろうか?
コンプレッサーがどこにあって、どのように使うのかの説明はない。
そして「作品の上部に斜めに少しだけなら、釉薬の中へ入れてもいいです」とも。

同時にもう一人の女性講師Bさん「ここに置いてある釉薬は、基本的に1度かけするものです」と。
そのようなことは、これまで一度も聞いたことがなかった。
この人達、一体何が言いたいのかよく分からない。

長く教室内に置いてあった釉薬見本作品から、2重がけ見本がなくなっていた。

私を皆の前で罵倒した男性講師、課長、部長が揃って私に謝罪したのは何であったのだろう。
垂れやすくて難しい物であれば、「講師にお訊ね下さい」と注意書きしておけば良いのではないかと提案していたのだが。
これまで2重かけは何度も行ってきている。先回失敗した理由も説明している。
多くの受講生の前で「こんな風にならないようによく考えてやれ!」と強く云われたことを注意したのだが。

長く認めていたことを、講師の暴言から止めてしまうとは一歩後退。



nice!(33)  コメント(6) 

達磨 [水石]

人生を振り返ってみて3回転んだ、20数年に1回転んでいる計算になる。残された人生、20年はないであろう。だからもう転びたくはない。あと4回転ぶことができるのだが。



古希の年に友人からいただいた祝い石である。


安倍川(静岡県)の鉄岩石


達 磨


P1080692 (2).jpg



10月29日、ほとんど行かないスーパーの駐車場から出た直後の狭い一方通行道路、速度は10㎞程度、右側から来た車は右折しようとしていたようで止まっている。「ブレーキは踏んで減速はしているが、止まらなかった」と言われた。歩行者はいないし、出てくる車もいない。間違いなく安全。
「ドライブレコーダーで確認する」と、但し書きを挿入してサインした。
彼らには勝てない。

スーパーの近くは、要注意。

nice!(63)  コメント(8) 

祈り [水石]

四万十川石(高知県)



祈り



P1080657 (3).jpg



10月28日、怒りを鎮めて明日からは違う1年にならないか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日欠かさずコメントをくださる多摩IH様のへのリブライとして、今朝、挿入しました。

石の友人は、仙人のごとく大きな空間を観て人と世情を許してそこから生まれるものに期待して 行動しています。
wildboarは身近な不条理を良くならないかと追及して行動してきました。どうやらどちらもうまくいっていないように思います。当地の地方行政も崩れています。国が崩れていればそうなるでしょう。「どこでもそんなものだがねー」という人にはなりたくないのです。
ブログの世界でも多くの人が病魔と闘いながら強く生きていこうとされています。「敬神愛人」の精神と「不満のはけ口にしない」という理念で始めたこのブログ、そろそろ方向転換する時期になるかと考え、今日を選び、家人も守りながら次の1年のテーマとします。
病床に居られる方にも、自分のためにも「祈り」から始めたいとの思いです。
昨晩、台座ができあがりましたので。
nice!(55)  コメント(9) 

老爺柿盆栽 [鑑賞]

10月27日11:00オープンの「老爺柿展と即売会」に出かけました。所属していた盆栽連盟の年上の友人から誘われていたので予定通りの行動です。
このところ時節柄、盆栽展、釣りそして陶芸のことばかり日記(ブログ)にしているので、今日は少し別なことにと思っていたのですが、やっぱり盆栽展になってしまいました。

盆栽展と即売会を前面に出した会場なので盛況でした。
P1080587 (2).jpg
しかし問題がありました。11:00オープンと案内状になっていたので、車内で時間待ちしていて10:45にそろそろと会場に向かったら、すでに即売品を手にした人が数人出てくるではありませんか。
一言、会場の人に「11:00オープンとして案内状に書いてあるのにおかしいのではないですか?」と。
その会場の人は、役員風の上位の人に「でしょう」と。
このような盆栽展は時々あります。もっとひどい場合は、出品者同士で来場者用の作品を先に売買していることもあります。
こういう風土が盆栽界にあるので、海外流出してしまうのではないかと思ってしまいます。

ともあれ老爺柿大好き人間にとっては、目の毒。
8名の出展者が即売会出品者のようでした。全部観ていたらきりがないので今回は一人の人に絞りました。
Aさんの作品を鑑賞しAさんの出展品と同じ樹種の即売品を、お値打ちに(尾張の地方語です)求めました。

以下はAさんの出展品です。

紫瀧
P1080588 (4).jpg

日暮し
P1080590 (3).jpg

彩の国
P1080592 (2).jpg

紅富士
P1080595 (2).jpg

愛知の輝
P1080597 (2).jpg

どうも作品が名前負けしているように思えるほど銘が良すぎる感じがあります。
しかし、次の即売品は銘で購入しました。

知多の輝
P1080602 (3).jpg

「知多の輝」には値札が付いていませんでした。この出品者は知多半島の人だなと思い色々会話しながら、訊ねた言い値で購入しました。

会場を後にして別の場所で友人と「知多の輝」の品評会をしましたが、友人の評価は高額でした。
P1080605.jpg

それにしても、実のある物は、遠い所にあると感じさせる松柏類と比較すると身近で庶民的てあり好きです。問題は来年、如何に実を付けさせられるかですが見ていると大丈夫と思ってしまいます。
毎年、花期の前に雌雄の株を一カ所に集め保管して自然受粉をしています。

さて、明日は再チャレンジの四角鉢の釉薬掛けです。失敗作を蘇らせたので別の釉薬にしたいと思っていますが、今のところ思いついていません。


nice!(41)  コメント(6) 

柳のしたのドジョウ [釣行記]

10月26日、突然の釣行。
昨日(10/25)は中日ドラゴンズの新監督、元与田投手が話題の根尾選手を4人の中で最初の「引き」で当てたことは、活躍した与田投手の強運を信じたくなりました。来年のドラゴンズは怖いぞー。
今日の私は、魚の強い「引き」を楽しもうと出かけました。昨日の午後、潮見表を見ていたら、いけそうな予感があり、家人もOKしたので突然に出かけたものです。

日の出前
IMG_2082.jpg

日の出
IMG_2097.jpg

日の出前の暗い間に期待していたのにサッパリ。
日が上がった7時ころ、釣れ始めたものの長くは続きませんでした。

8時ころ来た高齢の男性は、投げ竿を投入したと思っていたら、蟹獲りをしているようです。
IMG_2098.jpg

こんなに大きな蟹が
IMG_2104.jpg
タイワンガザミだそうです。

ちょっとインタビユーした内容を要約します。
「昨日は2時間余りで15匹を釣り、味はワタリガニより少し劣るものの身をほぐしてサラダにするととてもいい。女房の督促で今日も来た。網は750円で釣具屋で売っている。網を投入すると早い時は10分程度でかかる。寄ってくれば連続して獲れる。網の中に入れているのは、釣ったハゼのアラを冷凍にしておいたもの。今日はちょっと掛かりが悪い、網も古いので買いなおさないといけない」

さて私の釣果は
IMG_2110.jpg

IMG_2114.jpg

先週の河和港における1時間の釣果
IMG_2042 (2).jpg
先週は河和港に移動したところ1時間で外道としてこの釣果(20㎝のベラ、同クラスのタケノコメバルそしてメジナも)でした。


どうやら柳の下にいたような。

nice!(39)  コメント(8) 

K盆栽展 [投稿写真]

10月25日、今日も快晴。
朝の菜園では、今日の夕食は鍋にしようと思い水菜、春菊、丸葉小松菜などを多目に収穫しました。小型の赤大根は4本目です、漬け物用だけでなくサラダにも向いているとありますが、美味しいとかの印象はあまりありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

愛知県豊田市のK盆栽展に「水石」を出展した中京水石会の会長であり、友人でもあるOさんから送られてきたスマホ写真の中には、当然に盆栽写真も含まれていました。昨日の水石に続いてOさんが撮った盆栽写真をアップしたいと思います。
昨日も書いたように、この盆栽展は古民家で開催される比較的レベルの高いものと理解していますので、約30枚の中から吟味してアップしたいと思います。

松 柏 類
黒松、五葉松、杜松、真柏などと思われます

1540309562542.jpg


1540309739182.jpg


1540430501806 (002).jpg


1540430478980 (002).jpg


1540430453524 (002).jpg


1540430441606 (002).jpg


実 物
老爺柿、ピラカンサス、マユミと思われます

1540309546684.jpg


1540309664802.jpg


1540430330527 (002).jpg


雑 木
カエデと思われます

20181024004914_p.jpg


1540430309883 (002).jpg



先の「東海さつき山野草展」で入手した「近隣各地盆栽・山野草など展示会のご案内」を見ていると、10月、11月は毎週末どこかで開かれています。ぜひ今年も鑑賞したいと思っていた盆栽展を一か所逃してしまいました。その盆栽展の特徴は、出展者と鑑賞者が直接交渉による購入が認められてる珍しい盆栽展でした。
盆栽は本来、何年もかけて育てるものでしょうが、定年になってから始める者にとっては、即売会のある盆栽展で購入して、それを育成して楽しむことになります。始めたころはどこで購入したらよいのかすらも分かりませんでした。

nice!(41)  コメント(10) 

中京水石会会長からのLINE [投稿]

10月24日、朝から快晴。
釣りの師匠から電話があり、昨日、愛知県知多半島師崎港で手のひら級メバルを15匹ほど釣ったという情報でした。誘われていたのですが先週末に釣行したところであり、鑑賞したい盆栽展も多くてタイトなのでお断りしていました。しかし残念!


友人である中京水石会々長のOさんが、K盆栽展へ水石を出展したということで、写真をLINEで送ってきてくれました。この盆栽展は愛知県豊田市の和風庭園内の古民家で開催されている、比較的上級の盆栽家あるいは盆栽鑑賞者が保有している作品が出品される展示会と理解しています。昨年も今年も他の展示会と重なっていたため鑑賞できませんでした。

私が水石を多くの人に知ってもらうためにも、投稿を促していたOさんは、盆栽も愛好されていますが、折角なのでOさんの水石の世界のみをご紹介したいと思います。


「滋賀県の瀬田川石で、虎石と呼ばれています。銘は仙翔(せんしょう)です。」

1540309572326.jpg

「仙人が瞑想し、岩山で修業した翔(き)を地上の修行僧にとばす空間を表しました。」

1540351788081 (2).jpg


「軸は茶掛けで、山清く色づき(wild注 く?)秋をあらわしました。」

1540367981823 (2).jpg


「書院には、新潟県の糸魚川海岸で拾い上げた僧侶を据えました。」

糸魚川石、「僧侶」
1540351774985 (2).jpg

「床飾りは全体で小宇宙を表現するため、難しく、決まれば素晴らしい飾りになります。わたしも修行中です。」

1540351805879 (2).jpg

「高さは、7センチです。」

1540351813637 (2).jpg

「横姿です。台座は自作です。」

1540351819455 (2).jpg


LINEでいただいた単体写真と説明文では理解できず、こうして繋げてみると何となくOさんの想いが分かるような、もしかするとOさんは仙人になることを目指しているのかな? などと。
ならばwildboarとしては仙人に近いものを目指そうと、家人に訊いてみました。
「仙人に近いものって、何があると思う? 」
家人「ちゃん(我が家の猫)です!」と。
「なるほどー」

これまで単体としての「石」しか見てこなかったので、何だかOさんがとてもスケールの大きい異なる世界にいる人のように思えてきました。


nice!(51)  コメント(6) 

蘇った四角鉢 [日記・雑感]

10月23日、曇り。
菜園では、サッと葉物を収穫して他に手入れなどもすることはなく引き上げ、怒鳴りのX老とも会うことはなく平穏でした。
時間があるので今日は、サツキを1鉢植え替えることにしました。


鉢は、先月末に釉薬が厚過ぎて本焼きで失敗したものにしました。

高台が無く使い物にならない状態です。
P1080243.jpg

3か所の高台が欠損していることがよく分かります。
P1080241.jpg

ところが先週、3個の高台が発見されたので、陶器用接着剤で簡単に復活できました。
IMG_1959 (1).jpg

発見された経緯については触れませんが、誰かの意図的であったことは間違いありません。
芸術作品を作っているわけではないので、これで充分であり見つかって良かったとも思っています。
P1080536 (2).jpg

植えるサツキは、今月20日の「東海さつき山野草会」の即売会で800円(無粋ながら金額を表示)で購入したものです。植え替えの適期としてはギリギリ、セーフでしょう。
P1080539.jpg

植えるサツキを解体しところ、当初ペットボドルで育成していた形跡(赤矢印)があり、根上がりのサツキを育成しようとしていたものであることが明確になりました。
また、小さなラン系統のおまけ(黄色矢印)も発見されました。
P1080544_LI.jpg

各矢印で示すものは、落とした根、鹿沼土、枝葉と出てきた名札におまけの不明植物です。
P1080551_LI (2).jpg鉢に針金を通して、鹿沼土を鉢底に敷きます。
P1080552.jpg

植えるサツキの位置を決めて針金で固定しました。
P1080553_LI (2).jpg

鹿沼土を詰めて、表面には盆栽の土を覆って化粧しました。
P1080556 (2).jpg

発見されたラン系統の植物も育ててみようと鉢植えにしてみました。
P1080561.jpg
鉢がやや大きいのですが、育てるためには保水力が必要なので。

失敗した鉢が、即売会のサツキで蘇ったと思います。サツキも根をよく洗って軽い根上がり風にできたので、見つかったおまけの植物も添え風にして撮影してみました。
P1080566 (3).jpg

サツキ名は不詳ですが、上手く育ってくれたら来春咲いた花で名がわかることもあります。整枝は花後の予定です。
P1080569 (2).jpg


再挑戦して成形を終えている四角鉢、今週末に釉薬掛け予定ですが、復活したので同じ釉薬を掛ける意欲はなくなりました。

この鉢については結果的にはうまくいったと思います。また怒鳴られ事案も、行政に強く働きかけていたので本日解決したものと思われます。
nice!(52)  コメント(15) 

扶桑館の山野草展

10月22日今朝も快晴、いつものとおり葉物野菜を少々収穫して、良い気候になったことを実感しました。怒鳴りのX老と会うこともなく、他の区画の人と和やかに釣り談義ができました。この姿が市民農園の求める姿なのですが、特筆するほどの珍しいことです。
鉢物の手入れが遅れています。少し急がないと冬が来そう。ここ数年、春と秋が短くっているように思うからです。


一昨日(10/20)、愛知県豊田市新盛町で行われていた「扶桑の郷活性化委員会」主催の山野草を鑑賞してきました。この日は東海市の山野草展も鑑賞しダブルヘッターでしたがお昼過ぎには戻ることができました。
山野草展鑑賞というより、岐阜県、長野県南端にほど近い所で「愛知の実りの秋、山の木々や光と穏やかな風」を楽しんだということのようです。

会場到着前に一息、勘八峡付近
IMG_0619 (2).jpg

位置図です
P1080521 (3).jpg

オットー、見逃して通り過ぎてしまった入り口
IMG_0634 (1).jpg

ダイモンジソウ(かぐや姫)
IMG_0636 (2).jpg

カゴメラン
IMG_0641 (1).jpg

カマツカでしょう
IMG_0643.jpg

八重咲黄ジョウロホトトギス
IMG_0645 (1).jpg

2000円以上、お買い上げの人には五平餅とトン汁のサービスが
IMG_0652 (2).jpg

この中でいただきました
IMG_0654 (1).jpg
IMG_0658.jpg

これで750円でした
P1080519.jpg

帰宅前の友人宅では、リンドウ(白寿)
IMG_0663.jpg

ナンバンキセルも
IMG_0667.jpg

柿狩りも楽しませてもらいました
IMG_0668.jpg

芳名帳に記帳してきましたので来年は、案内状が届きます。今度は家人と行ってみたいと思っています。
今朝(10/22)、近くの和菓子店に立ち寄ったら、女将さんも昨日こちら方面へ行っていたということで、「久しぶりてあったのでとても楽しかった」と。おかげで草餅と信州リンゴをいただいてしまいました。
nice!(50)  コメント(18) 

東海さつき山野草展 [鑑賞]

10月21日、秋晴れで気分がいい。
赤大根・サニーレタス・丸葉コマツナ・水菜・二十日大根などを収穫。先日収穫した漬け物用赤大根は、夏から作っているぬか床に漬けておいたが、まだ漬けたらず。大根の辛さが十分なので一度大根おろしにしてみようと収穫した。他は朝食のサラダ用。
今朝は怒鳴りのX老に会わなかったので、気分はさらに爽快。
夕食時、赤大根をシラスおろしにしてみたら、意外にもマイルドでちょっと物足りないほど。


昨日(10/20)は、愛知県東海市の「東海さつき山野草会」の作品展を鑑賞し、続いて逆方向へ約40㎞の豊田市新盛町で「扶桑の郷活性化委員会」の山野草展を鑑賞した。
40㎞の距離であるが、同行の所属していた盆栽連盟の年上の友人と会話しながら、ナビの指示通りに高速道路を走りスムースに行くことができた。この季節はあちこちで盆栽展が開催されているので、どこへ行こうかと迷うほどである。

「東海さつき山野草会」の前会長である早川治久さんは、盆栽を通して何度もお会いし、親しくさせていただいているので優先した。


IMG_0617 (3).jpg


中日新聞社賞を受賞された早川さんの作品
IMG_0598 (2).jpg
左からサツキ(日光)・ニシキギ・整枝(針金掛け)見本、受賞作は整枝見本ではなく(早乙女小町)が飾られていたようである。


会長賞受賞作
IMG_0580 (2).jpg
右から寄植え・斑入ショウジョウバカマ・ミヤマカイドウ・斑入ナンテン・神津ウメモドキ・アオツヅラフジ・寄植え


神津ウメモドキは神津ウメバチソウのことであろう
IMG_0582 (2).jpg


私の好きな十月桜も
IMG_0584 (2).jpg


↓ 右からサツキ(光の司)・モーコ一ッ葉・(明美の月)・(白淋の光)・(幸の司)
IMG_0585 (2).jpg


タチタバコ
IMG_0587 (2).jpg


谷川岳野菊
IMG_0590 (3).jpg


ダイモンジソウ
IMG_0613 (2).jpg


石化杉
IMG_0615 (2).jpg

この作品展では、特に即売会が楽しみであり通算すれば100鉢近く購入していると思う。残っているのは30鉢ほどか。
考えてみたら一作日釣りに同行した若き釣り友と昨日の同行者とは約40歳の差がある。現役と年金生活者、交わした会話も対応の仕方にもかなりの差があったように思う。それぞれのお付き合いの仕方があっておもしろい。

明日は、「扶桑の郷活性化委員会」の山野草展を通して愛知の秋を報告したい。

nice!(49)  コメント(9)