So-net無料ブログ作成

「石 展  (最終回)」 長久手愛石会主催 [鑑賞]

7月22日に鑑賞した長久手愛石会(愛知県長久手市)の「石展」の特徴は、「水石」だけでなく水晶やトルコ石、化石なども展示されていたことです。今日は、それらを改めてプログ鑑賞したいと思います。

P1040258 (2).jpg
             P1040259 (2).jpg


P1040252 (2).JPG
             P1040253 (2).jpg


P1040250 (3).jpg
             P1040251 (2).jpg


P1040248 (2).jpg
             P1040249 (2).jpg


P1040236 (2).jpg
             P1040237 (2).jpg


P1040238 (2).jpg
             P1040239 (2).JPG


長久手愛石会の「石展」を鑑賞していて、もう一つ感じたことはストレートな石銘が比較的多いなと思ったことです。命銘については、例えばカエルの姿に似ている石を「蛙」とするのではなく、「帰ろかなー」などとすれば、そこに詩情感が刺激されるのではないかという説に私は賛成しています。
ともあれ、鑑賞者に対してとても優しい展示会であったことに感謝しています。
nice!(4)  コメント(7) 

「石 展  (3)」 長久手愛石会主催 [鑑賞]

かつて無いコースを辿った台風12号の直撃コース上に、当地があり、その対応で2日間忙しかったのですが、意外にも当地では鉢物植物に雨を吸収した様子さえありませんでした。かくして連続22日目の菜園の水やりを済ませてきました。
こんなことはかつて無かったと記憶しています。少なくとも1日は水やりを回避できると思っていたので、ちょっと心理的な疲労を覚えました。
西日本地区では、さらに被害が生じたようでお見舞い申し上げます。


今日は撮り置きの写真で楽をしようと、「石」のブログ鑑賞をいたします。
7月22日の愛知県長久手愛石会主催の「石展」から、できるだけ穏やかな石を抽出して、3度目のアップです。

P1040244 (2).jpg
             P1040246 (2).jpg


P1040260.jpg
             P1040261 (2).jpg


P1040268 (3).jpg
             P1040269 (2).jpg抜粋 3点中の1点です



P1040254 (2).jpg


P1040229 (2).jpg
             P1040230 (2).jpg


P1040231 (2).jpg
             P1040232 (2).jpg


P1040233 (2).jpg
             P1040234 (2).jpg


P1040278 (2).jpg
           P1040279 (2).jpg 石の上の黒い部分には水が溜まっていました 



正直なところ、会場では印象の記憶しか残らないのですが、写真で観ることによって再度ゆっくり鑑賞できるメリットがあるようです。

今後も水石に限らず興味が持てそうなものを鑑賞していきたいと思っています。           

nice!(4)  コメント(4) 

12号がやって来る その2 [日記・雑感]

今、「人生の目票は何ですか?」 と問われると、「好みの食器で美味しいものをいただくことです」と応えること以外には何もありません。家庭菜園を続けて陶芸で自作の食器も作り、昨年から家人のお手伝いとして料理を始めたのも、その一環です。
K-sakamama様もおっと君様も得意なお料理と名作の食器作りで、楽しみを持ち続けていただきたいと願っています。


さて、当地では今朝(7/28)から雨が降り始めました。台風12号の襲来前にもう一度菜園へと向かいました。1日でまた多くのミニトマトが熟していましたので収穫してきました。
P1040592.jpg
いつものことながら我が家だけでは消費しきれないので、配布先に苦慮するのも今頃からです。ご近所へはすでに終わっているので、今日は親戚へ発送しました。


降り始めたので急いだため、まだ青い大玉トマト(サターン)まで、誤って切断。最近ちょっとしたミスがとても多くなってきています。
P1040576 (2).jpg

目に入ってしまったので私も、ウリハムシの「おとりこみ中」を、失礼してしまいました。
P1040566.jpg

早々に帰宅後は、鉢物植物の台風対策として、棚上の鉢を幾つかの集団にまとめました。その際、ついでに鉢数をカウントしてみたら167鉢ありました。2年前の腰痛が悪化した際は、300鉢近くあったものを処分して60鉢ほどにしましたが、腰痛の回復とともに徐々に増えてきたようです。しかし、今は小品が多いので、色々な面での負担は少ないと思っています。
P1040590.jpg

折角咲いた朝顔も、降り始めた雨に打たれて雨滴が重く、耐えられない様子です。
P1040585.jpg

午前中に、3日分ほどの食料品の買い出しも済ませました。
採れ過ぎたキュウリをぬか漬けにしていますが、まだ、キュウリが残っているので今度は柴漬けにしてやろうと、ミョウガを購入しました。一昨年まではミョウガも作っていましたが、あまりにも増えすぎるので昨年、除去しました。
それにしても思いで深い、ミョウガの花を貼っておきます。
IMG_0013 (2).jpg
2014年8月31日に撮影して以来、ミョウガの花にはお会いしていません。

12号台風の被害のない通過を祈るのみです。
nice!(5)  コメント(4) 

12号がやって来る [家庭菜園]

私の日記によると、当地では7月4日~7日まで毎日雨があって、その後、晴れが続いています。連続20日間の早朝の菜園での水やりからは、もう回避されたいところでした。今月初めによく降った雨の翌日から晴れた猛烈な暑さ対応においては、野菜たちも温度差アレルギーを起こして、例年とは「違うぞ!」と、戸惑っているようでした。
待望の雨は、台風12号が連れてくるようなので、大量の雨により、再びトマトの裂果が生じそうな気配がします。

↓ 今日(7/27)の収穫
.jpg
そこで、裂果してしまうならばと、やや早めに収穫しました。キュウリ、ナスはほぼ終わっているのですが、トマトはもう少し収穫期間があるようです。

台風12号の東側から西側へ回り込むコース予報は、異例であり東海から西日本に上陸しそうです。よって、今朝は収穫に重点を置き、現状と今後期待できる野菜の写真を撮っておきました。

↓ ミニトマト(ピンキー)
P1040522.jpg

↓ 大玉トマト(サターン)
P1040524.jpg

台風の被害を受ける可能性があるのは、支柱作りのトマトだけのようです。

↓ カリモリの現状
P1040527.jpg
やや遅くに定植した初挑戦のカリモリは意外と成長速度が速く、地這いさせているので台風被害はないと思います。

8月下旬から新たに秋冬野の準備にかかります。
現在育成中の下仁田ネギは、昨秋の播種から長期管理をしていますが、これも台風被害は受けないものと確信しています。
↓ 下仁田ネギ
P1040532.jpg

こうしてデスクワークとして再確認してみても、野菜についての台風12号は怖くはないと思います。

冬の鍋物用に利用したくて、ひたすら下仁田ネギの成功を祈っています。


nice!(9)  コメント(6) 

釉薬かけ [陶芸]

2年ぶりに再開した陶芸、2週間前にロクロ成形によって作った植木鉢・飯茶碗・変わり小鉢の素焼きができあがっていました。ヒビが入ったりしていることもなく成功でした。菊練りやロクロが上手くされていないと土の均一化が保てず、この段階でヒビが入ったりして失敗していることもあります。
IMG_1703 (2).jpg

植木鉢の表面が粗いので、ペーパーを掛けて表面を滑らかにして釉薬の乗りを良くしたり、下絵を描きやすくします。上手くロクロが使えれば最初から滑らかな表面にできますが、まだ一度もペーパーを不要とするようなものができたことはありません。
IMG_1707.jpg

釉薬は焼き物の表面に汚れが付きにくくしたり、水漏れを防いだり、丈夫にしたりするための被膜を作るものです。もちろん美しい作品にするためにたくさんの釉薬種があります。
植木鉢の場合は、植物の根の成長を促すために鉢にも水分を吸収してもらうよう、内側には釉薬を掛けません。そのために陶磁器用撥釉剤を塗布します。
IMG_1708.jpg

植木鉢の場合は底部も釉薬をかけないように、また高台の最下部には撥釉剤を幅狭く塗って、窯内で釉薬が流れて板に付着しないようにしておきます。
IMG_1709.jpg

織部が好きなので、植木鉢には織部釉を塗布しました。よく撹拌して釉薬も均一化させておきます。
IMG_1711.jpg

幸い植木鉢には底穴を空けていますので、手指を穴に入れて作品を固定して釉薬内にどっぷり浸すことができて、容易です。下の写真の灰色部が施釉したところで、本焼き後には織部の緑色になります。
IMG_1710.jpg

茶碗などに施釉する場合は、金属の道具で作品を固定します。変わり小鉢には赤伊羅保釉薬をかけました。
IMG_1714.jpg

飯茶碗には下絵用の絵具で椿絵を描いてみましたが、見直してみて一番上に、もう一枚の勢いのある葉を描くべきだったと反省、作業時間が2時間しかないので以前からこの施釉の日は焦っています。アンケート調査で施釉時間を長くして欲しいと、何度も調査票を提出していましたが、受け入れられず諦めています。
この飯茶碗には透明釉をかけて絵をひきたたせようと思っています。
IMG_1715.jpg

最後に余計な部分に付着した釉薬をスポンジで拭き取って終了します。来月の作陶日に本焼きができた作品を受け取りますが、陶芸を始めたころは作品の出来栄えを見るまで、胸が高鳴るほどの想いを何度も経験しています。
さて、2年ぶりの今回の作品はどのように仕上がってくるのか楽しみではありますが、もう胸が高鳴るほどの想いはないようです。
nice!(6)  コメント(2) 

「石 展 (2)」 長久手愛石会主催 [鑑賞]

愛知県長久手市の愛石会が開催した第20回「石展」を、7月22日に尾張旭市渋川福祉センターで鑑賞しました。57席をも展示されていて目を惹かれる作品が多く、23日のこのブログでは紹介しきれなかったので、今回は主に愛知県の石を紹介してみたいと思います。


P1040194 (2).jpg
           P1040195 (2).jpg


P1040213 (2).jpg
           P1040214 (2).jpg


P1040223 (2).jpg
           P1040224 (2).jpg


P1040225 (3).jpg
           P1040226 (2).jpg 


庄内川は、岐阜県恵那市を水源として名古屋市北西部から伊勢湾に注ぐ、瀬戸市などの窯業地帯を流れる川で、アニマルボイスさんや私が幼少期からなじみ深い川です。
豊川は、ご存じあの豊川稲荷のある三河湾に注ぐ河川です。
香流川も名古屋市を流れる庄内川水系の河川でとても身近に感じます。



P1040262 (3).jpg
           P1040264 (2).jpg


P1040265 (2).jpg
           P1040266 (2).jpg


P1040280 (2).jpg
           P1040282 (2).jpg

この水盤は、盆栽鉢のようでもあり石と水盤の調和がとれて強く惹かれました。触らないように底に穴が開いているのではないかと覗いてみましたが、暗くて見ることができませんでした。

興味をそそる作品群がまだまだ残っています。順次アップしていきます。

nice!(6)  コメント(4) 

「赤こだま」成長記録 [家庭菜園]

今年、初めて挑戦した小玉スイカ(赤こだま)作り、菜園が狭いので「行灯作り法」・「鳥(キジ)害対策」・「猛暑による野菜の温度差アレルギー対策」など、未経験采果の収穫に至るまでは、結構大変でした。

P1040159.jpg
7月19日に収穫し、16㎝×12㎝を確認しましたが実は失敗したと思っていたのです。
P1040100 (2).JPG 

振り返って、
5月24日、苗定植後3日目の状態です。
P1010408 (2).jpg

6月7日、開花しました。
P1020075.jpg

6月17日、ピンポン玉くらいに成長しています。
P1020526.jpg

6月30日、隣の区画の大玉スイカが鳥(キジ)害に遭って、その後は結果的に腐ったようです。
P1030311 (2).jpg

同日、キジ害を回避するために成長した二果にネットを掛け、ワラで目隠しをしました。
P1030316.jpg

7月19日、ヘタが枯れ始めたので収穫の時期なのだろうか?
P1040094.jpg

このブログのために写真を確認してみたら、開花後42日目の収穫でした。そんなにも経過していないとの記憶と、今夏の猛暑が野菜類にも多くのダメージを与えているという情報のため、てっきり、立ち枯れして失敗したと思っていました。
35日から40日が収穫期としているネット情報のとおりでした。
諦めていたので余計に美味しかったように思います。

因みに同時期に定植した「らくなりメロン」も収穫してみたら、小ぶりながら合格でした。
P1030966.jpg
P1040416 (2).jpg

もう一つのスイカの収穫も終えて、残るメロン3果は開花も少し遅かったので、もう少し菜園で管理しようと思っています。
nice!(8)  コメント(5) 

緊急高気温情報 [日記・雑感]

23日午後2時ごろ、テレビをつけてうたた寝をしていた。観測史上最高気温の記録が出たらしい。
ちょっと窓の外を覗いてみたら、朝顔が萎れてしまっている。朝は家人が水やりをしたはずである。
急いで再度の水やり、他の鉢物なども葉焼けを起こしていた。

↓ 萎れた朝顔
P1040335.jpg

P1040417 (4).jpg

↓ 梅盆栽の葉も縮れている
P1040338.jpg

P1040419 (2).jpg

↓ 清姫もみじも葉焼けしている
P1040341.jpg

P1040425 (2).jpg

↓ 朝顔の回復は早かった
P1040380.jpg

P1040420 (2).jpg

まだしばらく高温が続きそう、水分と塩分を十分摂ってじっくり眠りましょう。

nice!(6)  コメント(5) 

「石 展 (1)」 長久手愛石会主催 [鑑賞]

愛知県尾張旭市渋川福祉センターで、当地に隣接する長久手市の愛石会が「石展」を開催していました。最終日の22日、朝刊では熱中症予報が名古屋「危険」とあり、「外出は避け涼しい室内へ。運動は原則中止」の勧告情報もありました。
また、ちょっと菜園のことでトラブルも抱え込んでしまったので、「石展」鑑賞は止めようかと思ったのですが、友人を誘った手前もあるので行ってきました。

P1040293 (2).jpg


P1040185 (3).jpg
P1040188.jpg
        P1040187 (3).jpg



P1040190 (2).jpg
        P1040197 (4).jpg



P1040198 (3).jpg
           P1040199 (4).jpg    



P1040200 (2).jpg



P1040203 (2).jpg
           P1040204 (3).jpg       



P1040209 (2).jpg
           P1040210 (3).jpg



P1040217 (3).jpg
           P1040218 (3).jpg           



P1040219 (2).jpg
           P1040220 (4).jpg



P1040221 (2).jpg
           P1040222 (2).jpg





P1040284 (2).jpg


57席をも、飾られていた観応えのある石展で「行って、良かった」の思いです。
会場の雰囲気も和やかで、特に受付を務めていらした牧野様のご配慮には、当方が感謝申し上げたい気持ちです。
写真撮影とブログアップも快諾をいただきましたので感謝の意を込めて、今後も、断続的にアップを続けていきたいと思っています。
nice!(3)  コメント(2) 

落果が終わったら落下が・・・ [雑感]

猛暑日が始まる前の雨続きの頃は、家庭菜園のミニトマトの落果が多くて、この先一体どうなるのかと心配したほどでした。雨が終わった後は、落果も止まり安心していたのですが、今度は落下が・・・。

↓ スマートフォンの間隙破損
IMG_1701_LI.jpg
夏ズボンのポケットから滑り出て、いつも同じ角度で落下するために衝撃箇所も同じ。ついに通信不能となり買い替えの羽目になってしまいました。
スマホデービューしてまだ2年半なのですが。

コンパクトデジタルカメラのTX1を購入して、まだ3カ月も経過していない頃にストラップの劣化にに気づき、落下によるカメラの破損を心配してストラップの交換をしておきました。
IMG_1697.jpg
ところがストラップに手をかけていてではなく、直接手から滑り落とすことが多くなっています。
↓ レンズの上部がコンクリートブロックに当たり凹損。
IMG_1691.jpg
カメラ店でみてもらったところ大丈夫のようでした。

続いて「サワワタリの花」を友人宅へ撮りに行ったとき、やっぱり手が滑りレンズ下部の角が衝撃を受けて、底部が凸損。
IMG_1694.jpgIMG_1696.jpg
今のところ写真的には大丈夫のようですが、問題は自分自身の注意力が散漫になっている
ことです。酷暑のせいでしょうか?

16日、スマートフォンを買い換えた直後にも、受信した電話に出ようとしてポトリ。
酷暑が和らいだら手指もしっかりしてくれるのでしょうか?

身体の他のところに原因があったら大変ですねー。

nice!(5)  コメント(5)