So-net無料ブログ作成

電柱復旧 [日記・雑感]

5月21日13:20、突然に利用していたインターネットが切れた。

昨年9月25日、わが家のすぐ近くで電柱の折損事故があった。あの日は約7時間もの間、近隣数百世帯で停電したのだが、今日はその復旧工事のための停電であった。

昨年9月25日。
m_P1070735[1].jpg
高齢者ドライバーによる自損事故であったが、けが人がなかったのは幸いであり、復旧にあたったあの日の現場指揮者の行動は素晴らしいものだった絶賛していた。
特別に不平不満を漏らす人もなく、数件を除いて暗くなる前までに仮り復旧されたことは、あの指揮者の力で喜ばしいことと思っていた。

事故当日の仮復旧の状態。
m_P1070791[1].jpg

事故を起こした人や、そのご家族の対応を責めるつもりはないが、約8ヶ月も経過してやっと復旧作業となったことが不思議でならない。
この現場は、ほとんど毎日通る処で当然に不自然な状況が目に入っていた。
さぞかし、事故当時者のご家族の心境も穏やかではなかったことと思う。
むしろ同情したいような気持もあった。

今年3月の「年度末までには復旧されます」という、回覧板が回っていたことは記憶している。
そして、今日復旧工事をするという回覧板も今月回っていたかな。

P1120895 (2).jpg
折れて仮復旧された横に新しい電柱(右側)を立てて、本復旧するようだ。

P1120900 (2).jpg
右の電柱が事故にあったもの。

P1120902 (2).jpg
時々、復旧作業を見せていただいたが、高所作業車を操る作業者の一切無駄のないスピーディーなわずかなミスも許されない連携作業は、素晴らしものだと感心していた。

P1120908 (3).jpg
そして、新しく立てられた電柱には、トランスなどすべて設置されて複雑な配線も繋げられて復旧した。
そこで、現場指揮者らしき人に訊いてみた、「あとは、事故にあった左側の電柱を取り除くだけですね? 」と。

しかし、そうではなくて、元々あった電柱の所へ、もう一度本当の電柱を再度立てるとのこと。
つまり、今日の作業も仮復旧だったということになる。

僅か1mほどずらして、今日、立てたものが本復旧でなかったことに驚いた。
なぜ、今日のこの位置では駄目なのだろうか?
今日まで、8カ月も要したことには、関係者間の深~い事情があったように推測される。
しかし、電気会社も行政も関係している数百世帯には「工事を行います」という回覧板だけではなく、ポステイングなどでもう少し経過説明をする姿勢があってもいいのではないかと思った。
多くの書類が綴じてある回覧板を読まない人もたくさんいるのだから。

確か、事故当日の現場指揮者らしき人は、本復旧の際に停電になる世帯には、事前説明をし了承を得たうえで本復旧にかかりますと言っていたと記憶している。

次回は、停電することなく工事ができるそうだが、そのあたりの工法も全く理解できない。
不思議なことが多い。


栃ノ心、大関復帰に王手、久しぶりに力強い相撲が見られている。
nice!(58)  コメント(16) 

nice! 58

コメント 16

多摩IH

nice!
電柱の完全復旧に半年以上かかる(かける)のは、どういう理由(事情)からなのでしょう。
しかも折れた電柱を下を支えて仮修理するのもなんか危険なように思えますし、それを半年以上もそのままにしておくなどということも信じられないことです。
台風などに耐えられる強度がある仮修理なんでしょうか。
いずれにしても新しい電柱に取り敢えず建て替えられたようで何よりです。
by 多摩IH (2019-05-22 08:14) 

wildboar

多摩IH様
約8ヵ月もの間、傾いたままでした。鉄柱を打ち込んで支えてあったとはいえ、素人的に見て二次災害が心配されていました。仮復旧の間は「昇柱するな」という大きい貼り紙がしてあったので、どこで二次災害が起きるか分からないですから。
今度の本復旧は、2,3週間あとだそうです。
いずれにしろ、よく解らんです。

by wildboar (2019-05-22 08:38) 

アニマルボイス

まあ、理解不可能というか、「何やってるんだ」ということはよくありますねえ。ブログにも書いたことがありますが、隅田川の橋の補強工事とかでたいそうな足場を組み鉄板を打ち付けたりしていました。その後、修理が終わったのか足場はすべて撤去されました。が、暫くしたら再び足場が組まれ、今度は塗装なんだとか・・・。
by アニマルボイス (2019-05-22 09:21) 

wildboar

一応民間ですが。
電気工事の下請け会社、NTT電話回線、ケーブルテレビ会社、警備会社、高所作業車数台など同時に集めるのが大変だったのでしょうが、
二次災害の可能性を考えるとねー。
by wildboar (2019-05-22 09:52) 

旅爺さん

車による1つの事故でも復旧までにはいろんな人が携わりますね。
by 旅爺さん (2019-05-22 09:54) 

wildboar

旅爺さん様
御地の火災事故も大変で悲惨な事故でした。
お見舞い申し上げます。
by wildboar (2019-05-22 09:58) 

Boss365

こんにちは。
電柱復旧工事、素朴な疑問?沢山ありそうですね。
約8ヵ月、二次災害なくて良かったです。
現場で作業する人をよく見かけますが、感謝、頭が下がります。
栃ノ心、落ち着いた前に出る摺り足?優勝かもです!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-05-22 09:58) 

wildboar

Boss365様
やっぱり説明があると疑問と不安が払拭されるのですが・・・。
現場作業の人は、危険な仕事を緊張感をもってよくやっていると思います。

栃ノ心、大いに期待しています。
by wildboar (2019-05-22 10:03) 

makkun

こう言うライフラインこそ大至急の復旧でしょうに
8ケ月も・・・・・ですか~!
復旧させる費用を加害者に払わせようとして
日にちばかりが経ったのかと勘繰りました。

by makkun (2019-05-22 10:56) 

JUNKO

高所の作業をしている方にはいつも感心します。有難いことですね。早く完全復旧するといいですね。
by JUNKO (2019-05-22 11:36) 

wildboar

makkun様
8ヶ月は、理解できないです。
少なくとも説明は必要だと思います。
by wildboar (2019-05-22 13:05) 

wildboar

JUNKO様
若いからできるのでしょうが、大したものだと思います。
by wildboar (2019-05-22 13:08) 

(。・_・。)2k

保険の問題じゃないですか
保険が絡むと 大概 それくらい時間がかかりますよね

by (。・_・。)2k (2019-05-22 15:35) 

okko

電信柱の工事を見ていると、よく間違えないで線を継なくものだと感心してしまいますけど、8か月はよほどの事情があったんでしょうね。
地下に埋める案は、地震に見舞われた時におおごと。
今や、電気のない生活はかんがえられない時代です。取り敢えず、よかったですね。
by okko (2019-05-22 17:11) 

wildboar

(。・_・。)2k 様
コメントありがとうございました。
保険の問題で復旧が遅れるということはあり得ないと思います。
そのように言われないように保険会社の査定担当は、細心の注意を払っているはずです。仮に保険の問題があったとしても、早期復旧はインフラにかかわる企業の社会的責任だと思います。
一方で、保険会社の社会的責任は適正額を早期に支払うことだと思います。
by wildboar (2019-05-22 20:00) 

wildboar

okko様
緑と緑、赤と赤などの各種の電線の繋ぎ方にしても、スピィーディーに的確に行わなければならない作業者は大変な仕事だと思います。
子どもの頃は停電がありましたが、長く停電の経験がありませんでした。
by wildboar (2019-05-22 20:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。