So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

秋野菜の収穫 [家庭菜園]

11月15日、朝食前に久しぶりに菜園へ出かけました。秋野菜は水やりを毎日必要としないので楽です。よく成長していましたが雑草もよく育っています。無農薬栽培なのでキャベツや白菜の虫食いがやや目立っていました。

今日の収穫
IMG_1012 (2).jpg
左から春菊・水菜・小松菜・青首大根・聖護院カブ・赤大根

菜園全容
IMG_0988 (2).jpg

マノア(ミニレタス)
IMG_0990 (2).jpg
もう収穫してもいいようです。

ロメインレタス
IMG_0991 (2).jpg
今月末くらいの収穫か。

小松菜
IMG_0993.jpg

下仁田ネギ
IMG_0995 (2).jpg

ホーム玉ネギ
IMG_0996.jpg
12月収穫可能、雑草抜きをしなくては。

リーフレタス
IMG_0998 (2).jpg

キャベツ
IMG_1000 (2).jpg

白菜
IMG_1001 (2).jpg

ブロッコリー
IMG_1002 (2).jpg

早採りエンドウ
IMG_1003 (2).jpg

聖護院カブ
IMG_1004 (2).jpg

赤ダイコン
IMG_1007 (2).jpg

青首ダイコン
IMG_1006 (2).jpg

やや早すぎるほど順調に育っています。


組閣のたびに大臣の資質が問われています。
「適材適所」の意味も分かっていないのでしょうか?

nice!(8)  コメント(0) 

迷いの釣行 [釣行記]

11月14日、ちょっとだけ朝寝しました。昨日、半夜釣りをして帰宅が遅くなったからです。
朝食後、鉢物の水やりは家人に任せて、釣果を確認しながら魚の下処理をしました。


昨日(11/13)の釣りは、目的の魚を何にするのか、それによって釣り場も変わるので色々迷っていました。いつでも行けるよう愛知県知多半島南知多地区の時間単位天気予報と潮時表は、1週間前から随時確認していました。

A案、昨年の実績からすると、そろそろ適期になる大型ハゼボイントの豊浜港
B案、前2回、大型でいい結果であったベラ・タケノコメバル、それにメジナまで釣れた
    河和港、 このポイントは、昨年実績ではもう遅いかもしれない
C案、先週、気晴らしに無駄使いした8mのメバル竿を使ってみたい、この場合は師崎港
   か片名漁港

いつも未明出発の午後帰宅としていたので、迷うわけです。発想を変えて午後出発にして夜遅くに帰宅するのであれば、干潮時に合わせてB、満潮時に合わせてCを選択すればよいと判断し、出かけました。Aは12月でも遅くはないと思われます。

B案の河和港Wポイントの釣果1
IMG_0970.jpg
20㎝のタケノコメバルです。強い引きは、柔らかい4.5m(2間半)竿を右手一本では支えられず、左手を添えて岩穴へ持ち込まれないよう耐えてGETしました。

河和港Wポイントの釣果2
IMG_0973 (2).jpg
Wポイントに着いて、入れて5分でベラ(キュウセン)をGETし、まずはホッとしました。引き潮の時合いとなることと昨年実績からでは遅くないかと思われたからです。立て続けにベラを3匹釣って20㎝タケノコメバルを釣るまでの間はわずか35分間でした。この調子なら10匹釣って片名へ移動しようと考えていたら、以降全く釣れませんでした。3.6m(2間)竿では短く、5.4m(3間)竿では長すぎて駄目な不思議なポイントです。

釣りの前には、当然エサを求めます。いつものエサ店の前でコスモス畑を発見、昨年の夏はヒマワリ畑でした。
IMG_0927 (2).jpg

車へ戻る途中のDポイントでハゼはどうかなと探ってみましたが、20分間で16㎝1匹のみでした。型はいいとしても数が不足、天気も危うくなってきました。
IMG_2137.jpg
右下の黒い部分は堤防で、その上の小さな黒点2個は鳥です。

C案の片名漁港へ移動する途中では、いつもの生青のりや美味しい魚介類を購入のため「魚太郎本店」に寄りました。
IMG_0931 (1).jpg

IMG_0932 (2).jpg

さて、片名漁港で開始した時はちょうど夕まずめでした。
IMG_2139.jpg

8m竿を入れたらすぐに、20㎝のカサゴが。
IMG_0975.jpg
しかし、小雨と強くなった風で8m竿では振れてアタリがとれません。30分ほど頑張ってみたもののとても難しく、風よけポイントへ移動。

16㎝のメバルをGETしました。
IMG_0983.jpg

比較的、間断なく目的のメバルが釣れたものの型が小さく、16㎝クラスが揃えば最高なのですが。
IMG_0981 (3).jpg

片名漁港でのメバル狙いは初体験。初めてとしては今後に期待できる釣り場のようでした。
近場の年寄りの釣り場としては、今回くらいが最大の釣果かと思います。
迷った挙句の計画の成果が概ね達成されたように思い、満足しています。

稀勢の里4連敗、明日(11/15)も出場すれば、それだけで諸手を挙げて軍配も上げてやりたいと思います。




nice!(55)  コメント(6) 

福ちゃんも盆栽鑑賞 [雑感]

11月13日、昨日で稀勢の里が2連敗しているので心配です。
猫ブームが衰えないようなので、我が家の福ちゃんが久しぶりの登場です。
今朝は曇っていて陽ざしがないので福ちゃんの盆栽鑑賞はありませんでした。どうやら晴れた日の柔らかな陽ざしの時だけのようです。


一作日、朝の陽ざしが清々しく福ちゃんもガラス越しに盆栽鑑賞しているところを発見、芸術の秋です。
P1090062 (2).jpg
目線は五葉松です。

午前中だけ、福ちゃんの追っかけをしてみました。だいぶ前からカメラを向けると逃げるようになっているので正面からの顔が撮れません。

盆栽鑑賞が終わったら、恋人探しです。数年前、ドアー越しに出会ってからこの行動が続いています。
P1090075.jpg

家人がブラッシングの準備に入ると、いち早く寝転んで待ちます。
P1090085.jpg
私が理学療法士さんのマッサーシを受ける時と同じです。

ブラッシングを終えた直後は至福のひと時です。
P1090092 (2).jpg

お腹が空いたので、食事です。もう何度目の朝食になるのでしょう。
P1090102.jpg

腹ごなしに運動も必要、階段を昇り下ろし途中で高みの見物。
P1090108 (2).jpg

運動後は水分補給。
P1090111 (2).jpg

このドアーの向こうに、もう1か所お気に入りがあるので、開けてくれと督促です。
P1090117 (2).jpg

お気に入りの定位置で、毛づくろい。
P1090132 (2).jpg

P1090135 (2).jpg

昨日の朝は、山野草(ダイモンジソウ)の鑑賞でした。
P1090176 (2).jpg

飼い主に似てくるのでしょうか?

それにしても福ちゃんは私の撮影を拒否するので難しいです。
今朝は鑑賞タイムがなかったからなのか、スマホ撮影には協力してくれました。

DSC_0453.jpg
ところが、正面向きは当方が緊張して酷くボケました。


突然ですが、狙いが定まらず迷っていた釣行、午後から決行しました。そして23時帰宅でした。
釣行の詳細は、15日アップで可能かと思います。
このブログの釣り記事を楽しみにしていてくれる人がいらっしゃるようなので、予告しました。

「岩崎城」記事で、コメントをいただいてリプライが遅くなりました。上記の理由ですのでご了承ください。

稀勢の里、3連敗、危険水域か。




nice!(58)  コメント(16) 

夕方の岩崎城 [散策]

11月12日、曇り予報だったのに朝は晴れていました。猫の福ちゃんは今朝はダイモンジソウの鑑賞でした。夕方にはパラパラときました。
釣りへ行きたいのですが狙いが定まらす場所も決められません。ぐずぐずしていると潮が変わってしまいます。
鉢物写真も撮っておきたいと思っていてもできません。ぐずぐずしていると旬が過ぎてしまいます。
一つずつこなしていけばよいと思っていても、色々、気が散ってしまいます。



先週、釣行を中止したことで空いた一日の午後を利用して五色園、妙仙寺(臥竜の松)、岩崎城を廻りました。菊花展も岩崎城址公園のことでした。
岩崎城に着いた時はすっかり夕方になっていて、西日を受けていました。
IMG_0816 (2).jpg

IMG_0857 (2).jpg

IMG_0859 (2).jpg

IMG_0876.jpg
「……地元の人びとに昔を偲び郷土を愛し、親しむ心のよりどころとなり、郷土のシンボルとして後世に残されることを念願して、ここに岩崎城建設の誌とする。」

IMG_0871 (2).jpg


6世紀前葉に造られたと推定されている豪族の円墳(直径12mの古墳)があるのですが、観ていただけで撮り忘れてしまいました。


二の丸庭園
IMG_0870 (2).jpg
元々は庭園でなく馬出(城兵の出入りを確保する施設)だったようです。

水琴窟
IMG_0866.jpg

IMG_0869.jpg
キィ~ン♪ という、澄んだ音です。

IMG_0873 (2).jpg

IMG_0874 (2).jpg

久しぶりに天守閣に登りました。
IMG_0879.jpg

IMG_0884.jpg

IMG_0885 (4).jpg
名文なのにボケてしまい、申し訳ない気持ちがいっぱいです。
書き写します。

        楽しかった

 2018.10.30
 地元の人間です。30年ほど前、このお城ができた時
 地元の大切なお金をそんな事に使うなと思っていましたが
 わたしの考えは間違ってました。よく皆で決断して、
 こんなりっぱな物を作ったなと思います。
 遠くからきてくれた方、また来てください

 安土桃山時代の大河ドラマで1回くらい
 やってくれたらなと思います。5分間くらいでよいので
 NHKの人よろしく。                

nice!(59)  コメント(14) 

女の一生 [日記・雑感]

11月11日、晴れです。朝の清々しい日差しで、家人の愛猫「福ちゃん」もガラス越しに盆栽鑑賞をしていました(近日中にアップしたいと思います)。
色々、整理したり準備したりすることが山積しています。今日はできたのでしょうか?
10%くらいかな。


昨日の豊田市での盆栽展鑑賞は、即売会の品定めがなかったので予定より早く会場を後にしました。帰宅するにはまだ早いので通り道である、みよし市の文化センターに寄ってみました。
同市、打越地区の文化祭があって覗いてみたら、まだ準備中の雰囲気の中、パッと目についた「書」がありました。

IMG_0943 (4).jpg

頭の硬い私は「リユ? 」、書を嗜んでいた家人に訊いてみました。「ソコでしょう」と。
なかなか書けない、いい「書」だなと思っていたら、小学校高学年の女性が額の下の名札を付けようとしていたので、「貴女の字なの?」と訊いてみました。
「違います。」でした。そうだよなー、小学生が書く内容ではないなと思いつつ、この書の下のテーブルを見ました。

IMG_0952 (2).jpg

IMG_0951 (3).jpg

IMG_0950 (2).jpg

IMG_0949 (2).jpg

IMG_0948 (2).jpg

IMG_0947 (2).jpg

IMG_0946 (2).jpg

IMG_0945 (2).jpg

IMG_0944 (2).jpg

IMG_0953 (2).jpg

単純に、「この人90歳代の人だ、大したものだ」と思いつつ、目をに横にやると「額絵」が目に入り、絵もやるのだー」と、独り言。

IMG_0956 (5).jpg

すると、ちょうどそこにご本人がいらして準備中でした。ずっとお若い女性でした。
「どちらかというと、絵の方です」
「100歳へ向かわれているので90歳代の人かと思いましたよ。猫を飼っておられるのですか?」
「飼ってはいませんが、好きです。男の一生というのもあるようですよ。ネットを検索していたらありましたよ」と。
その女性、子供たちから先生と呼ばれていました。

みよし市は、区単位で文化祭を行っているのかと感心しました。東洋経済新報社の「住みよさランキング」で全国市区町村の一位に選ばれたことが、かつてあります。

最初に目に止まった書、手が不自由な女性の「書」だそうでした。きっと、「女の一生」の女性が先生なのだろうと想像。

豊田市盆栽展の帰り、思わぬヒットでした。


nice!(67)  コメント(10) 

日本盆栽協会豊田支部盆栽展 [鑑賞]

11月10日、「早く行こう」と盆栽展を家人と鑑賞してきました。そろそろ各地区での今年の展示会も終わりに近づき、私も年内の鑑賞予定はあと2箇所のみです。
今日の盆栽展は、日本盆栽協会豊田支部の豊田市民文化会館で開催されているものです。格調高い盆栽展と思っているので家人に見せたくて行ってきました。
月刊誌の『近代盆栽』の取材もあったようで、一味違った鑑賞をさせてもらいました。
今回は、できるだけ松柏類は避けてめずらしいものをアップします。

山ぐみ
IMG_0898 (2).jpg


IMG_0902 (3).jpg
確かに木肌は藤です。この葉が藤とは思えません、初めて見ました。

一才レモン
IMG_0904.jpg

キウイフルーツ IMG_0907 (2).jpg

深山海棠
IMG_0909 (3).jpg

黒松
IMG_0911 (2).jpg
添配がいいですねぇ。

ツバキ
IMG_0915 (3).jpg

ピラカンサ
IMG_0919 (2).jpg

杜松  豊田市文化振興財団 理事長賞 IMG_0921 (2).jpg

コトネアスター
IMG_0926 (3).jpg

山柿
IMG_0928 (2).jpg

モミジ
IMG_0900 (2).jpg

残念だったのは、昨年あって今年も「有」とされていた即売会が中止されていたことです。
約20名の会員のうち即売会に出品する人は10名程度のようです。即売会用の隣接のスペース使用料がプラスされるらしいので、10名でそれを負担するのは「厳しいです」と会員談。
そのスペースは空いていたので、会館はプラス料金なしにしてあげればよいのにと思ってしまいました。この会のような即売会出品者は、むしろ損をして盆栽普及への思いの人が多いと思うからです。
まだまだ「緑を」、と思う盆栽愛好家の気持ちが理解されない施設が多いようです。

さすが豊田市、立派な会館だと思います。
IMG_0889 (2).jpg

IMG_0891 (2).jpg

IMG_0939 (2).jpg
nice!(64)  コメント(16) 

臥竜の松 [日記・雑感]

11月9日、雨。釣りを止めて正解であった、と云うまてもないほど今日の雨は確定的な予報であった。午前中、家人とともにかかりつけ医へ。家人は風邪気味、私は珍らしく胃が荒れてきている(ストレスが多い?)から。

待合室に置いてあったクリスチャン新聞に「律法の中ではるかに重要なもの、正義とあわれみと誠実をおろそかにしている」(新約聖書・マタイの福音書23章23節)、のタイトルが目についた。読みすすむと少しややこしい内容になっていたが、簡単に云えば本末転倒に陥って、本来の目的を置き去りにしてしまうことを、イエスは「正論」至上主義の偽善を戒めているのだ。と読んだ。
簡単なことだが注意したい。


臥竜の松 IMG_0808 (2).jpg
昨日紹介した五色園の比較的近くにある妙仙寺の境内にも立ち寄った。数年前と変わりはなかったように思う。
カテゴリーとしては、「植物」でも「鑑賞」でも「散策」でもよいように思うが「日記・雑感」にしておいた。今日の目的は、単に「臥竜の松」を紹介しようとするだけ。


IMG_0797 (6).jpg

IMG_0799 (2).jpg

IMG_0804.jpg

松の根元近くにあるのは実成りクチナシだろうか。
IMG_0803 (2).jpg

IMG_0800.jpg

IMG_0806.jpg


山門 IMG_0811 (2).jpg

天井画 IMG_0809 (2).jpg

駐車場で気づいたのは、ソテツの実のよう。
IMG_0812 (2).jpg

IMG_0814.jpg


ちょっと疲れているのかもしれない。
診察室から出て待合室へ戻るとき、緊急に病床へ駆けつけようとしていたクリスチャンの若き院長から声が飛んできた「wildさ~ん、背中が曲がっているよ! 」と。ハッと気づいて胸を張った、少し元気が出たようで、帰りに寄ってみた昔ながらの釣具屋でとてもいい魚拓のカレンダーをいただいた。
さらに釣り友用に2部いただこうと、気晴らしに8mのメバル竿で少し無駄遣いしてみた。おかみさんは「買わなくてもいいですよ」と言ってくれたのだが。
年内にもう一度、メバル狙いをしてみようかな。

nice!(57)  コメント(10) 

宗教公園「五色園の紅葉」 [雑感]

11月8日、今日も暖かです。明日は雨予報、4日ほど前から確認していましたがどうやら当たりそうなので、計画していた明日(11/9)の釣りの中止を昨日(11/7)決めました。釣りの仕掛け作りをするつもりであった昨日、空いてしまったので近場の紅葉をと思い立って行ってきました。


IMG_0765 (2).jpg


何度も書いていますが特別な信仰心はありません。親鸞聖人の宗教公園で、かつては何度か来たところです。
IMG_0761 (4).jpg

IMG_0763 (3).jpg
IMG_0762 (2).jpg




IMG_0770 (2).jpg

IMG_0789 (2).jpg

IMG_0791 (2).jpg

菊も見られました。
IMG_0772 (2).jpg

IMG_0777 (2).jpg

IMG_0785 (2).jpg

IMG_0787 (2).jpg


某ブログに「猛暑だったので、どうも今年の紅葉は楽しめません」とあったので、ここはどうだろうと思って行ってみました。数年前よりかなりマズかったので、この近くの友人に電話してみました。某ブログと同じことを言っていました、しかも「台風の多発による塩害もあるようですよ」とも。塩害は関東方面の話しだとばかり思っていましたが。

写真は、色調整+にしてみました


nice!(45)  コメント(6) 

見事だった菊花展 [鑑賞]

11月7日、暖かだった立冬、未明少し雨があったようでした。
日ごと予定どおりに過ごせないものの、偶然と云っていいほどのタイミングで、見事な菊盆栽を鑑賞できました。



IMG_0839 (3).jpg

IMG_0841 (3).jpg


IMG_0836 (2).jpg

IMG_0837 (2).jpg



IMG_0846 (2).jpg

IMG_0843.jpg

IMG_0842.jpg

IMG_0845.jpg

こういうのもあります。
IMG_0820 (2).jpg

IMG_0819.jpg

IMG_0818.jpg


まだあります。
IMG_0824 (2).jpg

IMG_0822 (2).jpg


IMG_0825 (2).jpg


まだまだありましたが、これで止めます。一時期菊作りもやってみようと2年間研究しましたがあきらめました。成果を確認する期間が長すぎました。普通の盆栽より大変ではないかと思います。
この菊花展、5年ぶりくらいの鑑賞かと思います。展示会自体も進化していました。多くの展示会が例年どおりというのが多いのですが、この菊花展は見事でした。


あっ、そうそう。連絡ノートにこんな書き込みがありました。
IMG_0883 (2).jpg
nice!(63)  コメント(8) 

我が家の老爺柿小品編 [植物]

11月6日、夜明け前に強雨。今日は雨であっても再挑戦した陶芸の四角鉢を引き取りに行った。陶芸教室の講師陣と色々あったが、一応、思っていた程度の作品は無事完成した。
帰りに郵便局に所用があって立ち寄ったら、局内に創作品の展示コーナーがあって、陶芸作品がいくつも展示されていた。女性職員が近くのSさんの作品ですと教えてくれた。たまたまSさんを存じ上げていたので局長にSさんの体調などお聞きしたら、元気そうであったので安心した。
何だか私も展示するような話になり、帰宅後、できあがったばかりの鉢に老爺柿を植えてみた。

まずは成功であった四角鉢だが、釉薬の乗りが悪い。丁寧な作業をしていないからだろう。
IMG_0722 (2).jpg
ナマコ釉薬に黒天目釉薬を浅く掛けて筆で塗ったもの。

老爺柿の「紫龍」を植えてみた。
IMG_0726 (2).jpg
やや鉢が大きいかな。

バックを変えてみた。
IMG_0730 (3).jpg

6、7年前、老爺柿に魅せられて、発芽させて鉢植えにした苗なども含めると50鉢くらいあった。発芽して4年目の苗木が一つだけ実をつけたのは感動的でした。「桃栗三年柿八年」というのに、やっぱり単にことわざなのだと知った。
その後、腰痛の悪化でほとんど処分したものの、また増加傾向にある。

紅富士
IMG_0732 (2).jpg

もう一つの紅富士、どちらも大実。
IMG_0736 (2)_LI.jpg


IMG_0739 (3).jpg

秋茜
IMG_0744 (2).jpg

茶々姫
IMG_0747 (2).jpg

紅王朝
IMG_0751 (3).jpg

所属していた盆栽連盟の年上の友人と、時々、これらの小品を一鉢持参し喫茶店などで研修会(雑談会)を行う。いつも女性だが「プチトマトですか?」と質問される。どのようにすると実がなるのか二人で説明する。すると次は「食べられるのですか?」。食べてもいいですよと言っても食べてみる人は誰もいない。
いつも同じ会話になるのが不思議でならない。


nice!(61)  コメント(13) 
前の10件 | -